記事
  • ロイター

米マクドナルド、第3四半期決算が改善 ドライブスルーなど後押し


[9日 ロイター] - 米マクドナルド<MCD.N>が9日に発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、世界売上高が2.2%減少したものの、新型コロナウイルス禍の打撃で約24%落ち込んだ前四半期からは大きく改善した。

同社はすでに先月、同様の見通しを発表していた。

株価は午前の取引で1.8%上昇。

店舗数で全体の3分の1以上を占める米国で、ドライブスルーやデリバリーを通じた販売が後押しとなり、売上高や利益が予想を上回った。

総売上高は約2%減の54億2000万ドル。前四半期は30%強減少していた。リフィニティブのアナリスト予想平均は54億ドル。

純利益は10%増の17億6000万ドル。日本マクドナルドホールディングス<2702.T>の保有株を一部売却したことが利益を押し上げた。

特別項目を除く1株利益は2.22ドルで、市場予想の1.90ドルを上回った。

2022年にかけて23億ドル相当の設備投資を行うとし、21年の全社的な売上高は、19年と比較して1桁台半ばの伸びが期待できるとした。

同社は、ハンバーガーやコーヒー、チキンなど主力商品に注力し、クリスピーチキンサンドの新商品を来年発売するほか、ポイントサービスを今後試験的に実施する方針を示した。また、植物由来の代替肉を使った自社ブランド「マックプラント」の商品も来年売り出すと表明。同社は過去に、米ビヨンド・ミート<BYND.O>の代替肉を使った商品をカナダで試験的に販売している。ビヨンド・ミートはこの日、「マックプラント」向けのパティを共同開発したと明らかにした。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  3. 3

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  4. 4

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  7. 7

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  8. 8

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  9. 9

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。