記事
  • ロイター

ユーロ圏投資家センチメント指数、11月も低下 予想は上回る

[ベルリン 9日 ロイター] - 調査会社センティックスが発表した11月のユーロ圏投資家センチメント指数はマイナス10.0で、2カ月連続で低下した。ただコロナ対応でのロックダウン(都市封鎖)の影響はさほど深刻ではなく、予想ほどは低下しなかたった。

10月はマイナス8.3、ロイターがまとめた11月の予想はマイナス15.0だった。

センティックスのマネジングディレクター、マンフレッド・ヒューブナー氏は「欧州連合(EU)の多くの国で再導入されたロックダウンの影響は、懸念されたほどではなかった」と指摘。その理由として、厳しい制限措置が導入されていないアジアと米国の経済が堅調なことを挙げた。

現況指数は10月のマイナス32.0からマイナス32.3に低下。期待指数は18.8から15.3に低下し、5月以来の低水準だった。

ドイツの現況指数は6カ月連続で改善し、3月以来の高水準だった。

センティックスの調査は、投資家1114人を対象に11月5─7日に実施された。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。