記事
  • ロイター

東証1部、7─9月経常益40%減 4分の1が通期上方修正=SMBC日興


[東京 9日 ロイター] - SMBC日興証券の集計によると、11月6日までに2020年7─9月期決算を発表した東証1部企業の経常利益は前年同期比40.0%減となった。製造業が同40.1%減、非製造業が同44.2%減。減益トレンドは変わらないものの、通期の業績予想を上方修正する企業が増えてきている。

2021年3月期の通期業績予想について、経常利益の上方修正を発表した企業は837社(除く金融)のうち212社。4─6月期は新型コロナウイルスの影響で世界的に経済活動が停滞し、幅広い業種に影響が出たものの、7─9月期は徐々に動きが再開した。従来予想していたほどの停滞には至らないとの見方から、通期の業績予想を上方修正する企業が出てきている。

業種別でみると、7─9月期は食料品、小売業、情報・通信業、電気機器など、巣ごもり消費やテレワークといった「ウィズコロナ時代」に適応する業種が全体をけん引した。内食やカジュアルウェアのほか、テレワーク関連の需要を捉えた企業が堅調だった。半導体関連に加え、自動車市場の回復の追い風を受けた部品メーカーも業績が回復しつつある。

SMBC日興証券の株式ストラテジスト、安田光氏は、新型コロナウイルスを取り巻く状況によって、明暗が分かれた決算となったと指摘。「どの業種でもコスト削減は進んだものの、陸運や空運など需要の落ち込みの方が大きくなってしまった業種では、回復のタイミングを見込むのが依然として難しい」と話す。

11月6日時点で全体の60.4%となる884社が発表を終了した。

2020年7─9月期実績(前年比)

開示数 銘柄数 開示率 売上高 営業利益 経常利益 純利益

TOPIX 884 1464 60.4% -14.7% -44.2% -40.0% -45.3%

TOPIX(除く金融 837 1331 62.9% -14.7% -44.2% -42.0% -47.5%

製造業 445 692 64.3% -16.0% -44.4% -40.1% -41.5%

非製造業 392 639 61.3% -11.7% -43.9% -44.2% -54.0%

出所:SMBC日興証券

(佐古田麻優)

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。