記事

自公民大連立に対抗する究極の第三極はこれだ!

橋下維新の会と石原新党の薩長連合が難しいらしい。その理由は政策の不一致だという。政策が不一致のままで連携すれば国民から見放される。だから安易に組むわけにはいかないという。

なるほどもっともな理由だ。しかし最大の共通の政策があるではないか。

それはこの国の官僚支配を打ち砕くことだ。官僚支配の中公集権体制を変えることだ。

政策といえば消費税、原発、TPPばかりが取り沙汰される。しかし官僚支配の打破こそ国民が最ものぞんでいる政策ではなかったのか。地方から日本を変えることこそ橋下、渡辺の存在理由ではなかったのか。そしてそれは石原や小沢がめざしていることでもあるのだ。実際のところ消費税増税も原発推進もTPP交渉参加もすべて官僚が牛耳ってきた。自公民は政治家はそんな官僚に踊らされてきた。官僚支配を打破すればこれらの政策はすべて政治家と国民で決めることができる。

そして政治家を動かすことができるのは国民の一票なのである。まだある。官僚支配の打破こそ対米従属からの自立への道が開けることだ。自公民大連立では決して出来ないことだ。橋下と石原はこの点に気づくべきだ。誰か教えてやってくれ。橋下と石原はこの一点で大同団結すべきだ。ほかはすべて棚上げすればいい。官僚との死闘の末に勝ち残った後で考えればいい。官僚支配の打破、地方主権はまた小沢新党とも連携できる大義名分だ。渡辺みんなの党は尻尾を振ってついてくる。橋下と石原が組めば極右だから危ないだと。改憲に一気に進むから反対だと。中国との戦争になるから危ないだと。先走った心配だ。そんな余裕はない。

官僚支配と本気で戦うことは死に物狂いで戦わなければならない。米国の支配から自立するには他の事を考える余裕はない。すべての政策はその後に考えればいいのだ。官僚支配と米国からの自立を達成した後で、国民がこの国の国体や安全保障政策を考えればいいのだ。 それこそが国民を二分するこの国の最後の選択である。その前にまず官僚と戦わなくてはならない。対米従属から自立しなければならないのである。すべてはそこから始まる。

あわせて読みたい

「太陽の党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  8. 8

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。