記事

米国大統領選挙 民主党バイデン元副大統領当確 対中認識が甘いのではないか・・・

次期米国大統領と副大統領に当確となったバイデン氏とハリス氏
(出所:米国民主党) https://democrats.org/

 「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 米国大統領選挙が11月3日に実施され、大接戦の末、ようやく民主党のバイデン元副大統領が当選確実となりました。

 改めてバイデン民主党の大統領選での公約を確認しておきたいと思います。

 私共が気になるのは、バイデン民主党の外交政策、特にアジア太平洋地域への取り組みがトランプ政権とどう変わるのかです。

 民主党の選挙公約には、トランプ大統領のように、中共を関税等の狙い撃ちにするものではなく、国際的な枠組みを活用し、日本、韓国、オーストラリア、ASEAN等の同盟国、友好国との連携の中で、経済や安保、人権、民主化を推進することを表明しています。ただし、気になるのは、中共に対して「厳しいものにはならない」、中共の挑戦は「軍事的な問題ではない」と言っていることです。中共への現状認識が甘いのではないかと言わざるを得ません。

 バイデン大統領の就任は、来年ですが、バイデン次期大統領の中共認識を現実に即したものにするために、安倍総理がトランプ大統領にしたように、菅総理はすぐさま米国に飛び、バイデン氏と直接会い、対中認識を深めてもらう必要があるのではないかと思います。まずは、中共の軍事的脅威を知ってもらうことが我が国外交の第一歩です。

●バイデン民主党の選挙公約

 バイデン民主党の選挙公約の全文は以下です。

米国民主党は 「アメリカのリーダーシップを新たにする」として、「アジア太平洋地域」において、以下のように記述しています。

「太平洋大国として、米国は同盟国やパートナーと緊密に協力して、我々の共通の繁栄、安全、価値観を前進させ、太平洋の世紀を形作るべきである。

民主党の中国に対するアプローチは、アメリカの国益と同盟国の利益によって導かれ、アメリカの強さの源である、私たちの社会の開放性、経済のダイナミズム、そして同盟の力が、私たちの価値観を反映した国際規範を形作り、執行する力を引き出します。これらの強みを損なうのしても、私たちは「中国に対して厳しい」ものにはならない。中国共産党への贈り物になるだろう。

民主党は、中国政府の行動に対する経済、安全保障、人権に対する深い懸念があるところを押し戻す上で、明確で強く、一貫しているだろう。

民主党は、通貨操作やドルとの為替レートの不整合、違法な補助金、知的財産の盗難の恩恵を受けるなど、中国政府による不公正な貿易慣行からアメリカの労働者を保護します。我々は、中国や他の国が国際規範を弱体化させようとする試みに反発するために、世界中の友人や同盟国を結集する。

民主党は、中国の挑戦は主に軍事的な問題ではないと考えているが、我々は侵略を抑止し、対応する。我々は、航行の自由に対する我々の世界的なコミットメントを強調し、南シナ海における中国軍の脅迫に抵抗する。民主党は台湾関係法にコミットしており、台湾の人々の願いと最善の利益と一致する海峡を越えた問題の平和的解決を引き続き支持する。

香港の自治を取り締まる習近平国家主席と共に立ち向かうのではなく、民主党は国民の民主的権利を支持するだろう。我々は、香港の自治を下回る役人、金融機関、企業、個人を制裁することを含め、香港人権民主主義法を完全に施行する。そして、ウイグル人権政策法のツールを使って、中国の強制収容所で100万人以上のウイグル人やその他の少数民族の強制収容を非難するために世界を結集します。

民主党は、自滅、一方的な関税戦争に頼ったり、新たな冷戦の罠に陥ることなく、この戦略を追求するだろう。これらの過ちは、中国の重みを誇張し、我々の政策を過剰に軍事化し、アメリカの労働者を傷つけるだけの役割を果たすだろう。

アメリカは、気候変動や不拡散などの相互利益問題に関する協力を追求し、米中のライバル関係が世界の安定を危険にさらさないよう、悪性行動を押し戻す国際的な取り組みをリードする自信を持って、中国との関係に自信を持って取り組まなければならない。

米国は、パートナーを否定し、同盟国間の緊張を高めるのではなく、日本、韓国、オーストラリアを含む地域の主要同盟国との関係強化に取り組み、タイとフィリピンとの同盟が国民が共有する価値観に従えるように取り組む。

同盟国と共に、そして北朝鮮との外交を通じて、我々は北朝鮮の核開発とその地域好戦によってもたらされる脅威を制約し、封じ込める。我々は、非核化という長期的な目標を進めるために、持続的かつ協調的な外交キャンペーンを構築する。そして、我々は北朝鮮の人々を忘れないだろう――民主党は人道援助を支持し、その重大な人権侵害を止めるよう政権に圧力をかけるだろう。

我々は、東南アジア諸国連合のような地域の多国間機関との強固な関与に対するコミットメントを再活性化し、太平洋の両側の法の支配と持続可能で包摂的な経済成長を促進するのに役立つ。そして、世界最大の民主主義国家、多様性の大きい国、アジア太平洋の大国であるインドとの戦略的パートナーシップに投資し続けます。」

https://democrats.org/where-we-stand/party-platform/renewing-american-leadership/

あわせて読みたい

「ジョー・バイデン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。