記事

面会交流の是非を一般論で語る家裁はレベルが低すぎる

1/2

離婚した夫婦、あるいは離婚に向けて一方当事者が子を連れて出たあとの面会交流のあり方について紛争になることはよくあります。
 家裁で面交流調停として争われます。監護親が非監護親に対する不信や恐怖などから面会交流実施に消極な場合も当然にあります。

 面会交流は子の健全な成長のために必要なことだ

という命題は結構なんですが、家庭裁判所は、これだけで当事者に対して強権的に面会交流の実施を迫ってくるのだから、ひどいなと思うわけです。
 これでは当事者にとって全く説得力がないわけです。
 この点については、『家庭の法と裁判 28』の中で、福市航介弁護士が論考の中で論じています。
「手続代理人から見た面会交流調停」

 福市弁護士は、論考内容については所属団体とは関係がないと断り書きがあるので、離婚後の共同親権についてはどちらかの立場なのでしょう(私は存じません)。
 それはともかく、家裁の対応が、面会交流に消極的な監護親に対し、面会交流原則実施論の立場から強権的に押し付けることを強く批判しています。
 監護親の理解、納得がないまま、面会交流を実施してもうまくいかなくなることを懸念したものです。

 当事者、特に監護親が、どこに引っ掛かっているのか、というところに手が届かなければ何の意味がありません。

 面会交流は子の健全な成長のために必要なことだ

 ということを言われても監護親は裁判所不信にしかなりません。これは当然のことで、否定できない一般論にすり替えて相手に有無を言わせない手法は、素人の当事者を黙らせることはできても、納得させることとはほど遠いやり方だからです。これではとても専門職(裁判官、調査官)とは思えないのですが、現実は、これが実態です。
 手続代理人の役割は、そうした家裁の乱暴なやり方に対して、当事者(監護親)がどこを不安視し、面会交流が実施できないかを具体的に裁判所に検討させるところにあります。

 面会交流は子の健全な成長のために必要なことだ

 という一般論と、この面会交流原則実施論は似て非なるものですので、注意が必要です。
Q 選択制を当事者に委ねてしまうと大きい声の方に流されてしまうというのであれば、家庭裁判所が関与して判断すればいいのではないしょうか。

あわせて読みたい

「家庭裁判所」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。