記事

【東日本大震災・原子力災害伝承館】〝現場主義〟言葉ばかりの平沢復興大臣「これは福島県のあれなんで」 展示内容の不満噴出も「それは福島県が御判断」

1/2
福島県双葉町に9月20日にオープンした「東日本大震災・原子力災害伝承館」と隣接する「双葉町産業交流センター」、ほんのわずかだけ供用開始された「福島県復興祈念公園」の合同開所式が7日午後、産業交流センター会議室で行われた。伝承館を巡っては開館以来、展示内容に対する厳しい声が後を絶たないが、式典に出席した平沢勝栄復興大臣は「これは福島県のあれ」「福島県の方で御判断」と突き放した。福島県も主体的に原発事故被害の実相を伝えようとせず、原発事故被災県の伝承館はまさに〝53億円のハリボテ〟。「現場主義」という言葉だけが漂流している。



【国も加害当事者だが…】


 来賓たちの「視察」が終了した15時すぎ。伝承館1階で行われた〝ぶら下がり〟で、平沢大臣は「福島県が」「福島県が」を繰り返した。地元メディアの記者が誰一人として挙手しないなか、筆者は平沢大臣に「伝承館の展示内容に関しては『物足りない』という意見もあるが、大臣の率直な感想は?」と質問した。平沢大臣の答えは〝現場主義〟や〝福島に寄り添う〟とは大きくかけ離れた、実に突き放したものだった。

 「これは福島県のあれなんで、福島県の方でこれから展示物のやり方、内容等についてはこれからしっかり検討して行かれる事と思います」

 伝承館は確かに「福島県の施設」だ。県職員も10人以上出向している「福島イノベーション・コースト構想推進機構」が指定管理者となり運営している。その意味では「福島県のあれ」である事に違いないが、総工費約53億円は全額国費。それ以前に、原発事故に関しては国も東電と並んで加害当事者である。複数の訴訟で国の過失責任が認定されている。なぜ原発事故が防げなかったのか。「絶対に過酷事故は起こらない」と住民たちを騙し続けた末の原発事故で今なお、どれだけ苦しい想いを強いられているか。それらを主体的に語り継いでいく義務が国にはあるはずだ。

 だから、平沢大臣に改めて尋ねた。この展示内容で原発事故被害の実相が伝わると思うか、と。しかし、大臣の答えは全く変わらなかった。

 「それは福島県の方で御判断されるだろうと思いますけどね」

 〝復興五輪〟を頂点として住民不在のレールを敷いてきた国。しかし、都合が悪くなると後は地元に押し付ける。福島県もそれに反発などしない。原発事故後の構図が凝縮されているようだった。

 なお、平沢大臣は合同開所式で11月5日の「世界津波の日」に触れながら挨拶した中で「私も先日、菅総理とともに初めて伝承館を訪問させていただきまして、事故当時の様々な記録や県民の想いが詰まった展示等を拝見させていただきまして、息を飲む想いでございました」と述べている。

 その点についても〝ぶら下がり〟で質したが、平沢大臣は「『息を飲んだ』というのは、私は災害全体の中で津波で『息を飲んだ』という事です。あの時私はずいぶん、津波のところの跡、原発の跡、いろいろと見させていただいて、それであまりの災害のすさまじさに驚いて『息を飲んだ』という意味でございます。(展示物を観てでは無い?)違います。違います」と否定した。




「合同開所式」に出席、福島県の内堀雅雄知事や双葉町の伊澤史朗町長らとテープカットした平沢勝栄復興大臣。伝承館の展示内容に関しては「これは福島県のあれなんで、福島県の方でこれから展示物のやり方、内容等についてはこれからしっかり検討して行かれる事と思います」と突き放した=福島県双葉郡双葉町中野

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。