記事

危険な通学路6万か所、保護者の役割は? - 斎藤 剛史

文部科学・国土交通・警察の3省庁が全国の公立小学校の通学路を点検した結果、交通量が多いにもかかわらず、横断歩道がなかったり、歩道がなかったりするなど、交通安全面で対策が必要な危険な場所が約6万か所もあることがわかりました。子どもたちの安全のため、保護者はどのように対応すればよいのでしょうか。

調査は、2012(平成24)年4月に京都府亀岡市で児童や保護者ら10人が死傷したのをはじめとして登下校中の交通事故が相次いだことを受け、3省庁が関係機関などに要請して行ったもので、全国の公立小学校と特別支援学校の約9割に当たる2万校の通学路を調べたものです。道幅が狭い、見通しが悪い、大型車の通行量が多いなど、危険と思われる場所を7万か所抽出して点検した結果、何らかの対策が必要な場所は8月末現在で約6万か所。平均すると1校当たり3か所程度の危険な場所が通学路にあるという計算になります。

危険な場所の具体的内容としては、▽交差点に横断歩道がない▽見通しが悪いのに交差点に信号機がない▽交通量が多いにもかかわらず歩道が狭い上に片側にしかない▽踏切の見通しが悪い……などが挙げられています。
調査結果を受けて3省庁は、連携を取りながら対策を進めることにしています。このうち文科省では、都道府県教委が警察官OBや交通安全の専門家などを市町村教委に派遣する「通学路安全対策アドバイザー」の制度を2013(平成25)年度から実施することにしています。
危険と判断された場所には、信号機の設置、道幅の拡張や歩道の設置など、いわゆるハード面での整備が不可欠です。しかし、地方自治体の財政事情が厳しいなかで、実際にどの程度進められるか不透明な部分もあります。地方自治体や警察など関係機関へ強く働き掛けていくことが、保護者などの役割として求められるところでしょう。

ただし、問題はそれだけではなさそうです。3省庁による有識者懇談会が2012(平成24年)8月にまとめた通学路の安全確保に関する意見書では、安全対策の問題点の一つとして、地域住民などの合意形成が指摘されています。通学路の安全確保では自動車の通行を規制するのが有効ですが、交通手段として自動車が不可欠な地域などでは住民の合意が得られないケースがあるようです。また、道路にデコボコをつけて自動車の速度を落とさせる「ハンプ」の設置にも騒音を理由に反対する声があるようです。
このほか、歩道設置のための道幅拡張では用地問題が絡んできます。このため同懇談会は、安全対策実施に向けた合意形成のため、学校とPTAが中心になって地域に必要性を訴えていくことを期待しています。

子どもの安全は重要な課題ですが、地域には子どもの通学とは関係のない人々も多く住んでいます。学校や保護者にとって、子どもたちの安全のために地域の合意をまとめていくのも、これからは大きな課題になるのかもしれません。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  7. 7

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  8. 8

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  9. 9

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  10. 10

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。