記事
  • ヒロ
  • 2020年11月08日 10:51

菅首相の日本

1/2
主権在民下での管理運営者は政府であります。我々は菅首相が操縦する巨大な乗り物、ニッポン丸に乗っているようなものであります。この操縦者の選定は国民が直接的に選ぶわけではないので当然ながら国民の方々からは様々な意見が出ます。乗り心地、スピード、目的地…いろいろあります。

さて、首相就任後41日目でようやく所信表明演説を行い、国会論戦、予算委員会も一巡し、菅首相の操縦技術が注目される状況となりました。就任直後はどんな指針を打ち出すのか、興味津々だったと思いますが、今、第一ステージを迎え、どのような期待感、あるいはご意見をお持ちでしょうか?

世論調査の支持率はひと月で各調査機関、概ね10%ポイントほど下げています。当初の高い支持率は「令和おじさん」といった知名度や長年の官房長官としての業務を通じた安心感など一定の評価に期待感が上乗せされたような状態だったと思います。11月の世論調査は10月ほどは下げないと思いますが、支持率が上がる要素もないかもしれません。

なぜ、初動の世論調査で支持率が下げたかですが、理由は個人的にはビジョンの欠落なのだろうと思っています。「どうしても首相になってこの国をこういうふうにしたい」という熱意から首相の座を射止めたわけではなく、かなり政治的な配慮の下、消去法的に押し上げられたという点において私は当初から短命ではないか記させて頂いております。安倍前首相の色が濃かったことからその女房役が中継ぎをしているといったら厳しいでしょうか?

強力な個性を出した方あとのポジションを埋める方はそれ以上の色がないと埋もれてしまいます。理由は比較されやすいからであります。その点、菅首相は割り切ったポジションを取っているように見えるのです。つまり、初めから「令和の大宰相」など目指さず、安倍前首相の築いた方向感の中で実務に徹するということであります。

政治家とは時として理念ばかりで実際には何も起きない、ということがしばしばあったと思います。菅首相の所信表明演説を改めて全文読んでみると見事に実務だけ。つまり、ビジョンはほとんど見られないし、ニッポン丸が向かう菅首相の独自の行き先も示していません。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。