記事

株式に投資するには

2/2
計算すると、リーマンショックの直前である08/8末は10.42倍だった。それが、アベノミクスが始まった12/12末には12.09倍に広がり、コロナショックの直前19/12末は13.74倍、昨日は14.66倍である。08/8末からの12年2ヶ月で、40%ほどの差がついた。年間約3%の差である。

言い換えれば、TOPIXに投資する代わりに、日経平均株価に投資しておけば、年間3%ずつ余計に稼げたことになる。ETF(上場投資信託)があるから、現実的な差である。

この差をもたらしたのは、日経平均株価が企業を厳選しているからである。東証第1部上場企業約2200社の中の225社で日経平均株価は計算されている。しかも、批判もあるのだが、特定の企業のウエイトが極端に高い。ファーストリテイリング(ユニクロ)11.2%、ソフトバンクグループ6.0%、東京エレクトロン4.3%がウエイトの高い上位3社で、これにファナック、ダイキン、エムスリー、KDDI、テルモ、信越化学と続く。

次のサイト(日経のサイトではない)に詳細がある。https://nikkei225jp.com/nikkei/

以上の9社がウエイト2%以上の企業であり、これだけで日経平均株価の38.2%を占める。つまり、225社のうちの9社が値上がりするかどうかによって、日経平均株価の運命が決まりかねない。とはいえ、これらの企業の生きがずっといいものだから、この12年間、TOPIXよりも値上がり率が高かったのである。

サラリーマンを本業とする個人投資家への結論として、1つ言えるのは、株式投資をするには企業を選ばないといけないことである。上場企業であれば何でもいいわけでない。息絶え絶えの企業もあれば、立派な企業もある。とくに変化の激しい時代だから、企業を選ぶことが絶対条件となる。

もう1つは、今日明日の儲けを狙ってはいけない。短期投資は駄目である。この点は以前に書いたから、繰り返さない。さらに言うと、今日明日の儲けを狙うための信用取引に手を出してはいけない。それこそ小原庄助さんになる。

あわせて読みたい

「日経平均」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  2. 2

    歯磨きで感染? 断定報道「誤り」

    川島透

  3. 3

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  6. 6

    小池氏が応援遊説 宣言下に驚き

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ワクチン接種 大混乱生む可能性

    川名 ゆうじ

  8. 8

    サンダース氏写真 撮影者が不満

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  10. 10

    国民煽る河野氏「和製トランプ」

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。