記事

公私ともにスキがない西川きよし、74歳の“思わぬ弱点”とは? - 「週刊文春」編集部

 芸歴57年、西川きよし(74)が漫才分野初の文化功労者に選出。10月27日の会見で「小さなことからコツコツと頑張ってきてよかった」と座右の銘を持ち出し声を詰まらせた。

【画像】ノースキャンダルで「理想の夫婦」とされる西川夫妻

「きよしの漫才師としてのキャリアは相方・横山やすし(1996年没)の不祥事で事実上解散した89年まで。今や漫才の実績は昨年紫綬褒章を受章したオール阪神・巨人のほうが上だが、彼ら後輩としても『まずはきよし師匠に貰ってもらわなくては後が続かない』といったところ。やはり今も上方漫才界における存在感は別格」(在阪芸能記者)


長男の忠志はじめ、3人の子も芸能界に進んだ ©文藝春秋

 66年にやすしに誘われコンビ結成、翌年に上方漫才大賞新人賞を受賞。80年代初頭の漫才ブームでは大阪側の牽引車となった。

「天才と評されたやっさんのボケと、きよしの柔らかいツッコミによるしゃべくり漫才で、関西弁に抵抗のあった関東人も夢中にさせた功績は大きい」(同前)

 86年には「中学出がどこまでできるか」と参院議員選挙に挑み当選。3期にわたって議員を務めた。また、67年に結婚したヘレン夫人(74)との仲も至極円満でノースキャンダル。

「結婚当時は、吉本新喜劇のマドンナだったヘレンに対しきよしは格下。吉本は結婚を機にきよしに引退を迫ったといわれるが拒否。ヘレンは夫を信じて苦しい時代から支え続けた。結婚53年の今も理想の夫婦とされている」(同前)

 公私ともにスキがないきよしだが、思わぬウイークポイントもあるという。関西のテレビ関係者が話す。

きよしの思わぬ弱点とは?

「フリートークです。6年前に始まった散歩番組『おしゃべりあるき目です』(朝日放送)は素人とのやりとりがキモだったが、2年弱で終了。真面目な人ゆえ相手に失礼があってはと固くなってしまう。このへんがズバッと素人の懐に飛び込む笑福亭鶴瓶とは対照的。現在MCを務める『ごごナマ おいしい金曜日』(NHK)も、局アナらのサポートがあって成立している」

 きよしも自らの弱点を知ってか、バラエティなどでは基本的にひな壇の特等席に座り、“イジられ役”をよしとしているという。

「後輩芸人も阪神・巨人には怖くて突っ込めないが、きよしには別。タメ口は利くし、からかってはイジる。きよしも怒らないどころか、収録後に『ありがとう!』と目を剥いて感謝。中堅の千鳥は“きよし転がし”の上手さが関西で頭角を現す一因にもなった。後輩の跳躍台としての役割も果たすところが、“俺が俺が”の明石家さんまなどとは違う懐の深さ」(同前)

 後輩育成にも“寄与し”ているきよし師匠。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年11月12日号)

あわせて読みたい

「西川きよし」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  6. 6

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  7. 7

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    小林麻耶の降板番組 3月末で終了

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。