記事

善逸くんが堂々1位…『鬼滅」キャラランキングに見る今ドキの理想の「男の子」「悪役」とは - CDB

1/2

 2020年10月26日発売の週刊少年ジャンプ47号で発表された第二回『鬼滅の刃』キャラクター人気投票は、2017年に行われた第一回の総投票数26105票から、約5倍の130316票に規模が拡大した。言うまでもなく作品の大ブレイクを物語る全体の拡大である。

【画像】第1回と第2回の「鬼滅」キャラランキングを見る

 今回はこのキャラクター人気投票の第一回から第二回への推移を見つつ、「登場人物の誰が愛されているのか」から、『鬼滅の刃』という作品の何が愛されているのかを筆者なりに考えてみたいと思う。

映画予告編より

 なお前もって書いておくと、キャラクターの説明などには物語の内容に触れざるを得ないため、完結した漫画作品の『鬼滅の刃』、ならびに歴史的ヒットを続けている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の内容説明、いわゆるネタバレに触れることをご容赦いただきたい。通常ならすでに1000万人が見た映画にネタバレも何もないものだが、ことこの映画にかぎっては「まだ1億1000万人も見てない人がいるじゃないか」と言われかねない規模で広がり続けているのが驚きである。

人間的な弱さを否定しない我妻善逸くん

 さて、第二回の人気投票で1位に輝いたキャラクターは我妻善逸くんであった。これは第一回の結果を知らずに見ると驚く人もいるかもしれない。善逸くんは率直に言って『鬼滅の刃』の主人公側、鬼と戦う『鬼殺隊』の中で異質なメンバーである。

 痛みや恐怖を乗り越え、自分の死と引き換えに鬼を殺すという鉄の規律に統制された鬼殺隊の中で、善逸くんは「痛い」「怖い」「死にたくない」という言葉を迷いなく口にする。何しろ登場まもなく「俺はな ものすごく弱いんだぜ 舐めるなよ (炭治郎に向かって)俺が結婚できるまでお前は俺を守れよな」というセリフを叫ぶ、人間的な弱さを排除していない弱者男性的キャラクターなのだ。

 ある意味では鬼殺隊のノリと真逆なのだが、連載1周年、ちょうど漫画連載が「無限列車編」のあたりで行われた前回投票でも善逸くんは1位の炭治郎に次いで2位に輝いており、一貫して人気のあるキャラクターである。

 どちらかというと滅私奉公的に傾きかねない作品の価値観のバランスを取り読者の共感をつなぎとめる意味がある現代っ子キャラクターだと思うのだが、登場3巻の響凱たちとの戦いが象徴するように、恐怖を捨てて超人になるのではなく、恐怖が極限に達すると失神して実力が出るという人物造形が実に魅力的なのだ。

 人間時代は芽の出ない物書きだった響凱の原稿を踏まない炭治郎の優しさと合わせて、優しさや弱さを捨てない年少組コンビは、鬼殺隊でありながらその思想に縛られていない。今回一位にまでなったのには、物語後半の成長で、善逸くんへの共感に尊敬が加わった面もあるのだろう。 

女性からの支持が高い理由

 また『鬼滅の刃』における善逸くんの重要な点として「遺憾なくエッチな少年である」という点がある。第6巻の機能回復訓練編では、鬼殺隊の女性リハビリ担当に「女の子に触れるんだぞ」以下引用をはばかる非常に身もフタもないセクハラ発言をし、ジャンプ漫画の定型文法としてキャンという目に遭わされている。

 鬼殺隊の中でも柱に比べて実力は下、泣き虫の怖がりで身長も低い善逸くんがこうも「これでもか」と男子のダメなところを全開にしたのでは女性受けが悪いのではないかと思うが、実際には善逸くんは非常に女性人気の高いキャラクターだ。二次創作などでの善逸くん推し作品も多いし、ジャンプ公式では男女別の投票率は公開されていないが、37000人が参加した非公式ランキングサイトの投票でも善逸くんは女性から7割近い支持を集めて2位に輝いている。

 これは善逸くんが鬼殺隊の中でも年少で、「かわいい」キャラに救われている面もあると思うが、もうひとつの理由は善逸くんが「禰豆子ちゃんラブ」であることにあるのではないかと思う。

 登場時は女の子なら誰かれかまわず抱きついたりする善逸くんだったが、不思議なことに炭治郎の妹である禰豆子ちゃんに対してはエッチではなくラブが優先する。『鬼滅の刃』の中で禰豆子というのは女性読者からの感情移入が強い、暴力のトラウマを想起させるデリケートな女性キャラクターであり、彼女に対して善逸くんがすごく優しくピュアラブ路線というのはひとつのポイントなのかもしれない。

 もっとも、善逸くんが1位だからと言って『鬼滅の刃』のテーマを善逸くんがすべて体現しているのかというとそうではなく、煉獄さんはじめ鬼殺隊の錚々たる先輩たちに「尊敬票」が分散する中で、善逸くんに「共感票」が流れ込む形になった面もあるのではないかと思う。

 第1回の時点では「柱」メンバーの人物像などはまだ詳細に描かれていなかったのだが、第一回で55票で29位だった「霞柱」時透無一郎が、第二回では200倍以上(!)の11948票で3位になるなど、「柱」メンバーが軒並み大躍進でトップ10を席巻しており、柱同士の壮絶な争いの中でポコッと1位を取ってしまうというのもすごく善逸くんらしいとは言える。

 さて、鬼殺隊のメンバーから悪役である鬼の側に目を向けてみよう。まず最初に、基本的に鬼滅ファンの人気は鬼殺隊>鬼に傾いていて、10位以上はすべて鬼殺隊、鬼はみんな10位以下である。これは正義は正義、悪は悪という作品の価値観が読者に浸透しているとも言えるかもしれない。

あわせて読みたい

「鬼滅の刃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  5. 5

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    勝ち組のJAL 明暗分けた財政戦略

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。