記事

鮮烈デビューから40年 なぜ宮崎美子は突然ビキニになった?

還暦ビキニの衝撃

 40年ぶりに披露された、まばゆい美ボディーに目を奪われたのは、かつて彼女に胸をときめかせた男性だけではなかった。

【写真】シースルー、ノースリーブワンピ姿の宮崎美子(カレンダーの表紙)

「美魔女というよりもナチュラルな感じがして素敵です。ただただうらやましい」(51才・会社員)
「還暦を過ぎているのに、まったく“イタい”感じがしないのが驚き」(53才・主婦)

 世の女性が羨望のまなざしを向けるのは、12月に発売を予定している「40周年記念 カレンダー&フォトブックセット」でビキニ姿を披露した女優の宮崎美子(61才)。“美ボディー”と称される肢体は還暦を過ぎても女性らしい柔らかさを維持し、豊かなバストは往年のまま。ストイックに鍛え上げたのとはまた違う、自然体の美しさがまばゆいばかりだ。

 このビキニ姿は大反響を呼び、10月19日に予約が開始されるやいなや、Amazonランキングのカレンダー部門で、映画がメガヒット中の『鬼滅の刃』を抑えて堂々の1位に輝いた。 だが、彼女を知る芸能関係者は首をかしげる。

「ビキニはデビュー当時の短期間だけ。以降は封印していたんです。それがなぜいま、復活したのか……彼女、私生活を含め、謎が多いんですよ」

 彼女はなぜ還暦ビキニを決意したのか──。

 宮崎は熊本大学3年時の1980年、ミノルタのCMに出演した。爽やかな海をバックに木陰でTシャツとジーンズを脱ぎ、豊満で健康的なビキニ姿を披露してはにかむ笑顔が世の男性を熱狂させた。

「当時、交際中だった恋人が宮崎さんのスナップ写真を撮って『週刊朝日』に応募しました。その写真に魅了されたカメラマンの篠山紀信さんがモデルに抜擢し、彼女は『週刊朝日』の表紙を飾りました。それをきっかけにミノルタのCMに出演し、大ブレークを果たしたのです」(芸能関係者)

 1980年に『元気です!』(TBS系)で女優デビューを果たし、テレビ、映画、舞台へと活躍の場を広げる一方、国立大卒の知性を生かし、『クイズダービー』(TBS系)では正解を連発。近年は『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』『くりぃむクイズ ミラクル9』(ともにテレビ朝日系)などで雑学女王として君臨し、有吉弘行(46才)からは「クイズおばちゃん」と呼ばれるほど。2009年には合格率1割とされる漢字検定1級に合格して才女ぶりを発揮した。

 普通の女子大生が鮮烈にデビューしてから40年。今回のビキニ姿の撮影を担当したのも篠山氏だった。

「“せっかくだから、記念になることをしたい”と宮崎さんから、思い入れのある篠山さんに撮影を頼み、9月に千葉の九十九里で行われました。実際に撮影が決まってから準備期間が2週間ほどしかなかったようですが、彼女はラジオ体操とストレッチを毎日欠かさず行っていたので、“代名詞”ともいえる健康的なボディーをキープしていました」(前出・芸能関係者)

 テレビ局関係者は今回の還暦ビキニは「ギャンブル」だと言う。

「父親が銀行員で厳しい家庭で育った宮崎さんは、『週刊朝日』の表紙になったのち、家族に水着を見られるのが嫌で一度はグラビア撮影を断ったほど。女優業でも肌の露出が多いタイプではなく、近年は知的な女性としてのイメージを確立していたので、なぜ突然ビキニになったのかという思いが消えません。評判がよくなかったら、イメージダウンにもつながりますからね」

 一方、宮崎と映画の現場で一緒になった製作スタッフは、こんな話をする。

「宮崎さんは知的な半面、かなりのマイペースで、いわゆる天然。プライベートでも“わが道をゆく”タイプです。記憶にあるのは、撮影現場に急に“今日はバイクで来たの”とひとりで現れたこと。普段はマネジャーさんと車で来ていたから、事務所に言わずに来たんじゃないかと騒動になっていましたよ(笑い)。そんな思い出があるので、今回の突然のビキニ撮影もさもありなんです」

 そんな宮崎の大ファンとして知られたのが志村けんさん(享年70)だ。1980年にテレビの特番で宮崎と初めて共演した際、シャイな志村さんは、顔を真っ赤にして何も言えなくなった。2009年にはTBS系のバラエティー番組『となりのマエストロ』で、2人は夫婦役で共演している。

「志村さんを尊敬していた宮崎さんは、今年3月に志村さんの訃報を聞いて、がっくりと肩を落としていました。それ以来、“いまできることは、いまやらないと”という思いが芽生えたようです」(前出・芸能関係者)

 おっとりとしなやかに生きてきた彼女にとって、今年は特別な年となったようだ。今年10月、ビキニ撮影とほぼ時を同じくして、宮崎は自身のYouTubeチャンネルとインスタグラムを開設した。YouTubeで人生初のカレンダー撮影と水着グラビアを行ったことを報告する際、彼女はこう語った。

「皆さんの来年1年が今年なんかよりずっと明るい、いい年になれるように、そんな思いも込めて作りました」

 強い願いが込められているから、ビキニ姿の宮崎はいまもピカピカに光っている。

※女性セブン2020年11月19日号

あわせて読みたい

「宮崎美子」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  6. 6

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  9. 9

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  10. 10

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。