記事

続々解禁! 「副業&ダブルワーク」で、月10万以上稼げる人に必要な能力とは

2/2

2019~2020年に副業を解禁した企業での実態を調査!

【京都北都信用金庫】地域貢献のために、職員が観光産業を支援

全国の信用金庫の中で初めて副業を解禁。同庫の顧客である飲食店から「観光客が押し寄せて人手が足りないので手伝ってほしい」と理事長が相談を受けたのがきっかけ。入庫3年以上の職員全員が対象、土日祝日の朝8時から夜6時までの就業、週1日の休日確保が条件。2020年3月現在で男性9人、女性5人が飲食店や整骨院で働き、観光協会の催事に携わる。職種の制約はないが、地元貢献を目的に行う人が多い。

【アサヒビール】勤続5年以上の全社員に許可

2018年4月1日より満60歳の定年退職後に再雇用されたシニアスタッフを対象に副業を認めていたが、20年1月より雇用形態にかかわらず、勤続5年以上の全社員に副業を許可。副業を通じて高めた知識やスキル、多様な価値観に触れた経験などを社内の業務に生かし活躍の場を広げることを可能にすることで、社員の成長やキャリア形成を支援する。競合他社など競業により利益を害する副業は禁止されている。

【サイバーエージェント】グループ間の副業を、会社がマッチング

副業は2015年から申請制で解禁。さらに19年10月からグループ間での副業をマッチングする制度「Cycle」を展開。副業をしたい社員と案件をマッチさせるためのポータルサイトも始動。エンジニアやクリエーターなどが対象で、通常業務以外にグループ他社の仕事の請負を可能にした。1件あたりの報酬は数十万円で上限はなし。成立案件は9件(20年5月現在)で、グループ会社の人材不足の解消につながっている。

【SMBC日興証券】フリーランスとして、他社の仕事もOK

自社だけでは得られない知識やスキルの習得などでイノベーションを創出する意図で2020年4月1日から申し込み受け付け開始。社歴4年以上の全社員が対象で、職種の制約はなく、月30時間以内の就業が条件だ。同社の顧客情報や社員情報、リソースを利用した副業、通常業務に支障をきたす恐れのある副業、信用や評判を落としかねない副業は禁止。5月現在、十数人が応募中であり、申請内容を確認中だ。

【カゴメ】社外での学びや経験を、カゴメでの業務に生かす

副業を導入した主な目的は、社外での学びや経験を業務に生かすこと。「働き方の改革は生き方改革」を掲げ、労働時間を削減できた社員が個人の可処分時間を有効活用できるようにした。入社2年目以上(新卒は4年目以上)の全社員が対象で、社内での時間外労働時間と合計して45時間以内。2019年5月現在の実践者は15人ほどで、男女比率は5:5。副業を開始後、労働時間の報告(主に健康確保が目的)が必要。

▼実践者に聞きました

子育てや本業優先での自己実現を。将来的に法人化も!

カゴメ北海道支店の第一営業課に勤務する長谷川千尋さんは、1000人以上の食生活の改善指導をもとに習慣化メソッドを独自に考案し、“美習慣コーチ”として事業を開始。ホリスティックな観点から、食生活、美容、運動指導、キャリアコンサルティングなど顧客のさまざまな悩みに応える。

「お客さまの理想の在り方を引き出すことで、本業でも、利益優先ではなく、お客さまの課題の先にあるものを引き出すような関わり方に徹しています。その結果、関係構築のスピードが格段に速くなり、本業でも大きな成果を得られるようになったのです」と長谷川さん。企業や百貨店の依頼を受けたセミナー、サロンでのフェーシャルマッサージやコーチングを行う。労働時間の制限があるので積極的な宣伝はしていないが、障がい者の弟を雇用したいので、いつか法人化する夢がある。

左:フェーシャルマッサージの施術。右:ホノルルマラソンを組み込んだ「美習慣ツアー」も手がける。

左:フェーシャルマッサージの施術。右:ホノルルマラソンを組み込んだ「美習慣ツアー」も手がける。

スキルアップと社会貢献のための「プロボノ」活動

「プロボノ」とは、職業上の専門知識やスキルを無償提供する社会的な活動のこと。ボランティアの一種だが、たとえば街の清掃や募金などとは違い、「ビジネススキルや専門知識」を駆使した活動を指す。プロボノ希望者を募り、NPOなどへのマッチングを通した支援を提供するサービスグラント代表理事の嵯峨生馬さんによると「これまでに3800人以上が、800以上のNPOや地域団体に支援をしてきました。

基本的には異なる専門性を持った登録者がチームを組んで、期間を決めて支援先をサポートします。現在団体で多く求められているのは、各プロジェクトをまとめるマネジャー。本業で活躍している方がスキルを生かしています」。

交通費などの必要経費の補助があるが、金銭的な報酬はなし。それでも得るものが大きいのだろうか。

「普段の生活では出会えない多様な背景の人々と仕事ができ、支援先と濃密な信頼関係が築けるので満足度が高い。無償だからといって仕事のクオリティーを下げるわけにいかないので、本業のスキルアップにも役立つという声が多いのです」

プロジェクト終了後、支援先から有償で仕事を引き受けるケースもある。副業を始める前の“力試し”で参加することもできそうだ。

プロボノで得たスキルが、本業のマネジャー業務にいい影響を与えた

オリックス自動車 工藤麻衣子さん
本業:企画推進、マネジャー
プロボノ:地方創生、障がい者スポーツ団体に関するプロジェクトマネジャーとアカウントディレクター


2年ほど前にSNSの広告でサービスグラントの「春のプロジェクト参加募集」記事を見つけて登録。東京都が主催する事業の一環として、東京都障害者水泳連盟のサポートを行ったのが初めての活動。プロジェクトマネジャーとして、指導者向けの講習会のチラシをマーケッターやデザイナーと協働しながら作成。仕事で広報を経験しているスキルが役に立った。

また、WWFジャパンの活動を支援するプロジェクトでは、アカウントディレクターとして立ち上げにも携わるなど4つの活動に参加。「プロボノには上下関係がないので、メンバーに指示することはしません。だからいかに自発的に動いてもらい、プロジェクトを進めていくのかが難しい。円滑なコミュニケーションをプロボノ活動で学べます。定年後などに、この越境経験は大いに役立つと思います」

左:地域の空き家活用促進プロジェクトのパンフレットも作成。右:メンバーとの一枚。

左:地域の空き家活用促進プロジェクトのパンフレットも作成。右:メンバーとの一枚。

グローバルヘルスでのキャリアを目指し、30代から始めた英語翻訳で社会貢献

グラクソ・スミスクライン 奥田伊奈葉さん
本業:医薬品の開発
プロボノ:NPOでの英語の翻訳業務


医薬品の開発チームで培った英語力を生かし、毎週月曜日の午後の4時間、プラン・インターナショナル・ジャパン(発展途上国への支援団体)で、支援者と被支援者をつなぐ手紙の翻訳業務を行う奥田さん。「現地の環境を変える直接的な業務ではないですが、手紙を読んでスポンサーが支援を続けてくれればプロジェクトの継続につながります。それが長く続けば、現地の子どもたちの健康に貢献できる可能性が高まる。それがやりがいになっています」と話す。

小さなことを積み上げ、いつか大きなことを成し遂げるのが最終目標。最初は英語力向上や被支援国の詳細を知りたいという思いで始めたが、将来的に途上国を支援する医薬品開発やグローバルヘルスに携わりたいとの希望がある。その実現を見据えたキャリアビジョンにもなっている。

プラン・インターナショナル・ジャパンのスタッフからもらう感謝の手紙も励みになる。

プラン・インターナショナル・ジャパンのスタッフからもらう感謝の手紙も励みになる。

----------

南 章行(みなみ・あきゆき)
ココナラ社長
1975年生まれ。慶應義塾大学卒業後、アメリカ留学を経て住友銀行(現三井住友銀行)に入行。2004年に企業買収ヘッジファンドに転職し、09年に英国オックスフォード大学院でMBAを取得。帰国後の12年にウェルセルフ(現ココナラ)を設立し、現職。 

端羽英子(はしば・えいこ)
ビザスク社長
東京大学卒業後、ゴールドマン・サックス証券で企業ファイナンス、日本ロレアルで化粧品ブランドの予算立案や管理の経験を経て、米国マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。投資ファンドで企業投資を行った後、2012年にビザスクの前身の会社を設立、現職。 

窓岡順子(まどおか・じゅんこ)
ストリートアカデミー執行役員
1980年生まれ。広島大学卒業後、リクルート(現リクルートライフスタイル、リクルートキャリア)で営業企画、新卒事業の営業、リーダーを経て新規営業チャネルを立ち上げる。2015年にストリートアカデミー(ストアカ)に参画。執行役員として営業全般を担当。 

----------

(東野 りか 撮影=堀 隆弘)

あわせて読みたい

「副業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  2. 2

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  3. 3

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  4. 4

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  5. 5

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  6. 6

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  8. 8

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  9. 9

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  10. 10

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。