記事
  • WEDGE Infinity

ついに麻薬が非合法から脱する?米国住民投票の今後 - 土方細秩子

大統領選挙の結果はまだ確定せず、アリゾナなど接戦が報道されている一部地域では、トランプ支持者による投票所前での抗議デモも起こり始めた。トランプ政権はウィスコンシン州などに対し票の数え直しを求めている。

ところで選挙は大統領だけを選ぶものではなく、上下両院議員の改選や州ごとの住民投票も同時に行われる。そこで、気になる動きがある。

オレゴン州ポートランド(JPLDesigns/gettyimages)

まず、米国で初めて大麻を合法化したオレゴン州。なんといわゆる「ストリート・ドラッグ」と呼ばれる比較的ポピュラーな麻薬の少量の所持に対しては無罰化する、という法案が賛成多数で可決されたのだ。ストリート・ドラッグにはコカイン、ヘロイン、オキシコンチン、覚醒剤などが含まれる。

同時に同州ではマジック・マッシュルームなどの呼び名で知られるトリップするキノコも合法となった。このキノコは米国でも多くの州で違法とされている。

ではなぜドラッグ類の所持が無罰の対象となるのか。理由は「軽犯罪として刑務所に収容するよりも、麻薬に対するリハビリセンターなどに入れて依存症から立ち直らせるべき」という考え方からだ。

実は米国ではオレゴンだけではなく、このように麻薬を罪として扱うのではなく依存症という病気として矯正治療を行うべき、という考え方が以前から存在した。いくら違法である、と取締を行っても米国の麻薬常用者の数は減らない。捕まえても刑務所から出れば再び麻薬に手を染める可能性が非常に高い。米国の逮捕者の中で年間の数が最も多いのが麻薬所持なのだという。

ヒューマンライト・ウォッチという人権団体によると、米国では25秒に1人が麻薬所持の容疑で逮捕されている。全逮捕件数の実に9分の1、年間で125万人が逮捕されている。また麻薬所持で逮捕される黒人は白人のおよそ2・5倍だが、麻薬を使用する人の率は黒人と白人でほぼ同じ。そのため麻薬による逮捕は人種差別を助長する、とこの団体では訴えている。

犯罪として扱うよりも健康問題として矯正を目指すべき

今回のオレゴンの新しい法案は、少量の麻薬を所持して捕まった人はこれまでの軽犯罪扱いから犯罪ではない不品行となり、100ドルの罰金が課されるが、同時に依存症の有無を検査され、依存症の場合矯正施設への収容となる。また大量の麻薬所持、販売などは重犯罪から軽犯罪へと扱いが変わる。

州の検察局などはこの法案の可決に否定的だったが、フェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグ氏と妻のプリシラ氏が法案可決を目指す団体などに50万ドルを寄付するなど、有力者からの後押しも見られた。麻薬使用は犯罪として扱うよりも健康問題として矯正を目指すべき、という考えは着実に米国内に広がりつつある。

また今回の選挙では、新たにニュージャージー、アリゾナ、モンタナ、サウスダコタの各州が大麻合法化に賛成票を投じた。これにより米国では15の州と首都ワシントンで大麻が合法となる。 

大麻合法化を推進する団体は、今回の選挙により連邦政府に対し本格的に大麻を合法化する圧力になる、としている。隣国のカナダではすでに国として大麻合法化に踏み切っており、米国がそうなるのも時間の問題と言えるかもしれない。

ただし米国が大麻、そしてストリート・ドラッグを非合法とはしない、という決断を行うのは、ひとつに自治体政府の経済的負担、二つ目には麻薬常用者の数の多さという背景がある。大麻合法化に踏み切った州では「大麻所持で逮捕される人は元々すべての麻薬所持による逮捕者全体の4−5割を占めており、取締にかかる費用、また刑務所に収監する費用がバカにならない」という理由を挙げている。ニューヨークのように、合法化はしないが大麻所持は罰金刑のみ、とする州もある。

また、最初に大麻合法化に踏み切ったコロラド、オレゴンでは大麻に正規の課税を行うことで州の財政が潤った、という経緯があり、他州もそれを見て合法化のほうが合理的である、と考えるようになった。特にコロラドでは当初大麻目当ての他州からの観光客の誘致、大麻をアレンジした商品の売上などにより、学校建設や福祉の充実が見られた。

今回のオレゴンの決定は、今後米国の麻薬問題に大きな一石を投じるものとなるだろう。麻薬は大都市部だけではなく、中西部などにも広がっており、麻薬所持や売買そのものだけではなく、麻薬取引を巡るいざこざなど、まさに犯罪の温床ともなっている。また「貧者のヒロイン」と呼ばれる鎮痛剤オピオイド依存症による自殺者の急増も社会問題化している。

もちろん依存症の人々をすべて収容するだけの施設があるのか、その費用負担をどうするのか、など問題は多い。しかし麻薬問題を根絶するためには逮捕ではなく矯正、というのは正しい考え方だろう。この動きが今後全米に広がっていくのかにも注目が集まっている。

あわせて読みたい

「麻薬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。