記事
  • ロイター

米、レバノン大統領の義理息子に制裁 汚職やヒズボラ支援で

[ワシントン 6日 ロイター] - 米政府は6日、レバノンのアウン大統領の義理の息子でキリスト教政党の自由愛国運動(FPM)を率いるゲブラン・バジル氏に制裁を発動した。汚職に加え、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織「ヒズボラ」への支援を理由に挙げた。

米政府はここ数カ月、ヒズボラを支援したとして、レバノン政府の閣僚らを制裁の対象としている。

米国務省は、バジル氏が「レバノンの汚職の最前線」に立っていると批判し、米国への渡航を禁じた。

ポンぺオ国務長官も声明で、バジル氏が「レバノンをむしばむ汚職や政治的後援に寄与し、ヒズボラによる不安定化に向けた活動を支援かつ扇動している」と述べた。

バジル氏はツイッターへの投稿で、制裁によって脅かされることはないと言明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  7. 7

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  8. 8

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  9. 9

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

  10. 10

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。