記事
  • ロイター

米失業率改善で小幅なコロナ対策が妥当=共和上院トップ


[ワシントン 6日 ロイター] - 米共和党のマコネル上院院内総務は6日、景気回復を示唆する経済指標を踏まえ、追加の新型コロナウイルス経済対策は提案されている3兆ドルよりも小規模にすることが適切との認識を示した。

朝方発表された10月の米雇用統計では、失業率が6.9%と、前月から1%ポイント低下。マコネル氏は、米経済が力強い回復に向かっていることを示唆しているとし、「新たに3兆ドルの支援を打ち出すよりも、より小規模な支援が妥当という見解を支えている」と述べた。

こうした中、民主党のペロシ下院議長は、まだ新型コロナを撲滅できておらず、マコネル氏の主張には「全く共感できない」とした上で「コロナを撲滅できないうちは、コロナが及ぼす被害に取り組む必要がある」とした。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  6. 6

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  9. 9

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  10. 10

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。