記事
  • ロイター

リシュモン、上期は82%減益 ネット販売や中国販売は好調

[チューリヒ 6日 ロイター] - 「カルティエ」などを傘下に持つスイスの高級ブランド大手リシュモン<CFR.S>が6日発表した上期(4-9月)決算は、純利益が82%減少した。新型コロナウイルスの流行が響いた。

ただ7-9月は、オンライン販売と中国での販売が好調で、業績が大幅に改善した。

リシュモンと中国の電子商取引大手アリババ<9988.HK>は5日遅く、高級ファッション販売のファーフェッチ<FTCH.N>とファーフェッチの新たな中国事業に総額11億ドルを投資すると発表した。

リシュモンのヨハン・ルパート会長は「大規模な中国事業とデジタル化の加速により、各国での一時的な店舗閉鎖と旅行低迷の影響を一部緩和できた」と表明した。

4-9月の純利益は1億5900万ユーロ(1億8790万ドル)。オンライン販売の「YNAP」や「ウォッチファインダー」で損失が拡大した。

7-9月の売上高は、為替変動の影響を除くベースで2%減。4-6月は47%減だった。

高級ブランド大手は、オンライン販売の急増で7ー9月の売上高が回復しているが、欧州でのロックダウン(都市封鎖)再導入が年内の業績の重しになるとみられている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。