記事

【読書感想】オスマン帝国 英傑列伝 600年の歴史を支えたスルタン、芸術家、そして女性たち

2/2

 20世紀を代表する建築家のひとりル・コルビュジェ(上野の国立西洋美術館を設計したことでも知られる)が「エディルネの壮麗なる王冠」と評したセルミエ・モスクは、まさしくスィナンの最高傑作というにふさわしい建築であった。

 この本で紹介されている、スィナンの天才ぶりを示すさまざまなエピソードには驚かされるのですが(1538年に10日で川に木製の橋を架け、橋を守るよう指示した指揮官に「壊されてもすぐに再建できるから見張りは必要ない」と豪語した、など)、トルコにとって歴史に残る偉人であったことが、彼の死後、さまざまな喧騒を生み出してしまったのです。

 トルコ共和国の民族主義が高まるなかで、スィナンは「トルコ民族の輝かしい英雄」として位置づけられたのですが、彼が属していた民族集団に関しては、特定できない、というのが研究者の見解だったのです。しかしながら、共和国側としては、英雄がトルコ民族であることにしたかった。そこで、史料の捏造が行われたり、墓を掘り起こされて、頭蓋骨の長さを鑑定されたりすることになったのです。

頭蓋骨の長さで出自がわかるというのは当時の俗説でしかなかったのですが。ちなみにその後、その頭蓋骨は行方不明になっています。

 この本を読んでいくと、多くの民族、宗教が入り混じったなかでバランスをとりながら長年統治されてきたオスマン帝国が、現代のトルコでは「トルコ民族の誇りの象徴」のようになっていることに不思議な感じがするのです。

 多くの国における「民族主義」って、実際は、そういうものというか、後世の人の都合が良いように解釈されていることが多いのです。

 オスマン1世から、ムスタファ・ケマル(ケマル・アタテュルク)、そして、エルドアン大統領まで。

 「親日国」として有名なトルコなのですが、こちらは、トルコの歴史って、ほとんど知らなかったんだよなあ、と思いながら読みました。

オスマン帝国 繁栄と衰亡の600年史 (中公新書)

オスマン帝国 繁栄と衰亡の600年史 (中公新書)

  • 作者:小笠原弘幸
  • 発売日: 2019/09/30
  • メディア: Kindle版


ビザンツ帝国-千年の興亡と皇帝たち (中公新書)

ビザンツ帝国-千年の興亡と皇帝たち (中公新書)

  • 作者:中谷 功治
  • 発売日: 2020/06/22
  • メディア: 新書


イスラームから見た「世界史」

イスラームから見た「世界史」

  • 作者:タミム・アンサーリー
  • 発売日: 2011/08/29
  • メディア: 単行本

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  3. 3

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  4. 4

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  5. 5

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  6. 6

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  7. 7

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

  9. 9

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  10. 10

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。