記事

【読書感想】オスマン帝国 英傑列伝 600年の歴史を支えたスルタン、芸術家、そして女性たち

1/2

Kindle版もあります。

内容(「BOOK」データベースより)
13世紀末、現在のトルコ共和国の片隅で誕生したオスマン集団は、やがて三大陸をまたにかける大帝国となった。1453年ビザンツ帝国コンスタンティノープル陥落、1529年ウィーン包囲など、強大な国家を築き上げ、イスラム世界の覇者として君臨した。世界史上稀にみる600年もの繁栄の理由は、さまざまな出自を持つ人々が活躍しえたことにあった―。優れた改革を推し進めたスルタンたち、西洋列強に劣らぬ文化を確立した芸術家、そして政治に影響を与えた女性たち。多様な経歴の10の人生を通して、大国の興亡をひもとく一冊。

 日本、あるいは中国の歴史上の人物の半生や業績を並べた「列伝」というのは、けっこうよく見かけますよね。
 でも、「オスマン帝国」の人物伝が、新書という手にとりやすい形で上梓されたのは、画期的なことではないかと思います。
 最近、世界史ブーム、それも、ヨーロッパ、中国、アメリカ以外の、これまであまり注目されていなかった国に関する新書がかなり多く出ている印象があるのです。
 歴史ファンの裾野が広がったのか、メジャーなところはもう掘り尽くしてしまったのかはわかりませんが、これらの本を読むと、それまでの歴史では、「侵略者」とか「敵役」という感じでみていた国にも、それなりの立場や事情があったのです。
『ロード・オブ・ザ・リング』のサウロンが率いていたような、「邪悪そのもの」みたいな国は、現実には存在しないのです。

fujipon.hatenadiary.com

 ただ、オスマン帝国やビザンツ帝国となると、これまで馴染がなかっただけに、出てくる地名がどのあたりにあるのかわからず、何度も地図を確認しなければならなかったり、同じような名前の皇帝や重臣がたくさん出てきて、誰が誰だかわからなくなって混乱してしまいます。
 これは、日本史に接した外国人も、「なんでみんな同じ苗字のトクガワイエなんとかなんだ……とか思うのでしょうけど。

 こういう「ひとりひとりの人物にスポットライトをあてて、その人の物語として書かれている」と、読みやすくて助かります。
 新書での「大帝国の通史」は、「よく一冊にまとめたなあ」というものが多いのですが、それだけに、歴史上の事実の羅列ばかりでエピソードに乏しくなりがちですし。

 「征服王」と呼ばれるメフメト二世(在位1444~1446、1451~1481)の項より。

 イスラム世界の王朝において、君主は子をなす相手として、しばしば奴隷を選んだ。イスラム法において、奴隷は一定の権利を保障されていたし、正室の子も奴隷の子も、ひとしい権利を持っていた。また奴隷は親族による後ろ盾を持たないことから、国政に介入する外戚の存在を排除できるという利点があった。そのため、奴隷が母であるということは、オスマン王家にとってなんら瑕疵のない、むしろ有利なことであった。

 日本や中国、ヨーロッパでは、同じ皇帝の子であっても、母親の家柄によって、かなり立場が違ってくるのです。
 皇帝が兄弟や妻の親族を積極的に取り立てると彼らが権力の座を狙って反乱を起こしたり、宮廷で専横したりするのですが、徹底的に弾圧すると、いざというときに王家を守る人や皇位継承者がいなくなってしまう、というリスクもあるのです。中国史は、皇族を大事にするシステムと、皇族の影響力を排して役人を重視するシステムを交互に繰り返している、という感じでもあります。
 オスマン帝国の場合は、「皇帝への権力の集中」が最も重視されており、新しい皇帝が決まると、その兄弟は皆殺しにされる、という時代が長く続きました。
 残酷ではありますが、母親が奴隷であっても気にしない、というのも含めて、皇帝への権力集中のための合理性を追求していたとも言えます。それでも、反乱というのは起こるものではあるのですが。

 この新書では、皇帝だけではなく、実権をにぎった女性たちや、建築家・画家などの文化人の列伝も収められているのが印象的でした。
 イスラム圏にも素晴らしい「文化」があり、偶像崇拝が禁じられていたなかで、キリスト教圏とは違った様式が発展し、その後、西洋文化の影響を受けたり、逆に、影響を与えたりしていくのです。

 「トルコのミケランジェロ」と称される、建築家ミマール・スィナンの章より。

 それまで宮廷建築家長であったアジェム・アリスィが1537年に没すると、リュトフィー・パシャは重用していたスィナンを後任に推挙し、スレイマン一世もそれを是とした。ここに、建築家スィナンが誕生した。モルタヴィア遠征から帰還した直後、1539年のことである。以降のスィナンは、1588年に没するまで、まさにオスマン帝国を「作り上げる」ことに従事する。スィナン研究の第一人者ギュルリュ・ネジプオールが評するように、この半世紀は、まさに「スィナンの時代」であった。

 スィナンは宮廷建築家長として、オスマン帝国各地の建築にたずさわった。彼自身の言を借りれば、「80の大モスク、400以上の小モスク、60のイスラム学院、32の宮殿、19の墓廟、7のコーラン学校、17の療養施設、3つの病院、7つの橋、15の水道橋、6つの倉庫、19の隊商宿、33の浴場」を建てたという(合計698.ただし、写本によって数は違う)。
 もちろん、いかにスィナンが超人的な天才であったとしても、ひとりで700件もの建築を監督しきることはできなかったはずである。
 じつは、これほどの数の建築が、彼の作に帰せられるのには理由がある。スィナンの時代、それまで個人技にたよっていた宮廷建築家職は、建築家長を中心とした統一的な組織に再編された。それにともない、地方の建築事業も帝都イスタンブルの建築家長をかなめとするネットワークのなかに組み込まれたのである。そのため、スィナンは帝国全土の建築を統括し、さまざまな建物の立案等にかかわる立場にあった。彼がかかわったといわれる建築には、彼が中心的な役割を果たしていないものも含まれているとみなすべきであろう。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  5. 5

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  6. 6

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  9. 9

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。