記事
  • ロイター

豪規制当局、国内銀行の流動性供給枠向け準備金の減額認める

[6日 ロイター] - オーストラリア健全性規制庁(APRA)は6日、中銀が設けている流動性供給枠(CLF)向けに国内銀行に確保を義務付けている準備金を減額すると発表した。安全資産である国債の発行増加により銀行の国債購入も増えていることが理由。

2020年初め時点での銀行の準備金に基づき、全体で350億豪ドル(250億米ドル)の減額を認めた。

同国の銀行は、流動性に大きなストレスがかかる状況を30日間耐えられるだけの高品質流動資産(HQLA)を保有することが義務付けられており、国債はHQLAに該当するが、最近まで流通量が十分ではなかったため、規定を満たせるようにCLFという制度がある。

ただ、新型コロナウイルス流行を受けて政府は景気浮揚に向けて大規模な財政支援策を打ち出し、国債発行を増やすことを余儀なくされた。

APRAは国債発行の急増を踏まえると、2021年にCLFの割当枠は減少する見通しだとした。

また、政府証券の発行残高が2021年以降も増え続けるならば、近い将来にCLFが必要なくなると考えるのが妥当だとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    「大阪に比べ東京は…」医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コロナ宿泊療養施設の処遇に呆れ

    猪野 亨

  6. 6

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  7. 7

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  8. 8

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  9. 9

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  10. 10

    レクサス事故 被告の放言に唖然

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。