記事
  • ロイター

中国20都市の家賃、10月は約1年ぶりの大幅な値下がり=民間調査

[北京 5日 ロイター] - 中国の不動産関連データを提供するZhuge House Hunterによると、中国主要20都市の10月の平均家賃は前年比2.48%下落し、少なくとも過去1年で最も速いペースで値下がりした。

9月は1.30%下落していた。10月の下落率はデータ集計を開始した2019年11月以来の低水準だった。

Zhuge House Hunterのバイスプレジデント、Yuan Chengjian氏はロイターに対して「新型コロナウイルスの打撃を受けた経済は、まだ完全には回復しておらず、賃貸不動産の需要減少や家賃の継続的な値下がりにつながっている」と説明した。

調査対象となった20都市中、家賃が値下がりした都市は12都市で、9月から変わらずだった。

深セン市の家賃は前年比9.72%下落。北京市は3.40%下落した。北京市の家賃は9月、今年に入って初めて値下がりしていた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  3. 3

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  4. 4

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  7. 7

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  8. 8

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  9. 9

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。