記事

タカラトミー「リカちゃん」炎上に学ぶ、致命的なNG投稿と話題になる投稿の紙一重の違い

1/3

タカラトミーがツイッターで炎上

「とある筋から入手した、某小学5年生の女の子の個人情報を暴露しちゃいますね……!」というツイートが、企業の公式アカウントから投稿されて大炎上した。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/MicroStockHub

これは、着せかえ人形「リカちゃん」を販売する玩具メーカー、タカラトミーの公式ツイッターが10月21日に行った投稿だ。

当時ツイッター内では、「#個人情報を勝手に暴露します」というハッシュタグがトレンド入りしていた。タカラトミーの公式ツイッターはこれに便乗し、リカちゃんの声が聞ける「リカちゃん電話」サービスの告知をすることにした。冒頭のツイートには、リカちゃん人形の公開情報である誕生日、星座、身長、体重、電話番号、公式のプロフィール画像を添付したが、さらに続けて、「久しぶりに電話したら、昨日の夜はクリームシチュー食べたって教えてくれました。こんなおじさんにも優しくしてくれるリカちゃん……」と投稿した。

これに対して、性犯罪を想起させるとして、ツイッターユーザーは強く反発した。一部を以下に引用する。

「子供向けおもちゃを販売する会社が子供に対する犯罪を、しかも自社の看板商品リカちゃんを用いてネタ(筆者注・個人情報晒しや子どもにケアを求めるネタ)にしちゃ駄目でしょ流石に……親御さんも引きますよそりゃ。」(原文ママ。ツイート引用は以下同)

「タカラトミーの炎上見てしまったけど、インターネットのオタク、ロリコン仕草をネタとしてカジュアルに消費しすぎなんだよなあ

リカちゃんの購買層はそれがリアルな脅威として存在する世界なので……」

指摘の多くは、子ども向けの玩具を扱うメーカーが子どもの性被害を連想させる投稿を行ったことへの怒りや失望だ。

中にはインターネットでよくあるネタだと擁護する人もいたが、否定的な意見が多数派だ。

「タカラトミーの炎上はさすがに気持ち悪い。リプで、ネタやん! みたいな擁護もちらほらあったぽいけど『笑えんネタはネタじゃない』」

結局、ツイートから3日後にタカラトミーは謝罪し、投稿文を削除。公式アカウントのツイートを当面の間停止することを発表した。

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。