記事
  • ロイター

米連邦地裁、郵政公社に1日2回の未配達投票用紙の総点検命令


[5日 ロイター] - 米首都ワシントンの連邦地裁のエメット・サリバン判事は5日、米郵政公社(USPS)に対して、大統領選の郵便投票の集計を続けている州で、未配達の投票用紙がないかどうか1日2回総点検するよう命じた。

複数の市民団体などの申し立てを受けた措置。ネバダやノースカロライナなどではなお、3日の投票日以降に届いた郵便投票用紙の集計作業中で、原告側の弁護士によると、4日時点でUSPSは米国全体で約15万の投票用紙を配達した。

サリバン判事は、USPSの集配センターは午前と午後それぞれに徹底して未配達郵便のチェックを行い、確実に締め切り前に届けるようにするべきだと指摘。またUSPSの各拠点が確認した投票用紙の数を本部に報告し、期限に間に合うよう速達扱いで届けたときちんと確認しなければならないと付け加えた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    「大阪に比べ東京は…」医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コロナ宿泊療養施設の処遇に呆れ

    猪野 亨

  6. 6

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  7. 7

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  8. 8

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  9. 9

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  10. 10

    レクサス事故 被告の放言に唖然

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。