記事

おこもり徹底の美智子さま 雅子さまとの“アピール力”の違い - 「週刊文春」編集部

 10月20日に86歳の誕生日を迎えられた上皇后美智子さま。宮内庁によれば、皇居から転居するまでの準備作業の疲れが今も残っている様子だとされ、3月末から上皇さまと暮らす仙洞(せんとう)仮御所(東京都港区、旧高輪皇族邸)で、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮して外出を極力控える生活を続けていると報じられている。この夏も外出はされなかったようで……。

◆◆◆

「挨拶しちゃった!」

 8月24日、ブルーシャツにマスク姿で高輪仙洞仮御所から現れた上皇(86)は、沿道に集まった近隣住民に車の窓を開けてにこやかにお手振りされていた。一方、上皇后・美智子さま(85)は“おこもり”生活を続けていらっしゃるという。

◆◆◆

 宮内記者が語る。

「上皇さまは現在、週に1〜2回ほど皇居・生物学研究所でハゼの研究を進めておられます。しかし、美智子さまは3月末のお引っ越し後、一度病院に行かれた以外は全く外に出ず、日課のお散歩も高輪の敷地内でされるほど外出自粛を徹底していらっしゃるのです」


万全のコロナ対策を取られる美智子さま ©JMPA

 4月に検査のため行かれたのも皇居内の宮内庁病院で、関係者以外には接触されなかったという。

「毎年夏には軽井沢、那須でご静養をされていましたが、こちらも早くから中止が決定していました。以前はよくいらしていた長女・黒田清子さんも高輪には訪れておらず、天皇陛下や皇族方ともお会いになっていないそうです」(同前)

 頻繁に行なっておられた音楽のセッションやレッスンも控えられている。もっとも、皇室で外出自粛を実践されているのは美智子さまだけではない。

私用ではほとんど外出されない皇族方

「天皇陛下はじめ赤坂にお住まいの皇族方も私用ではほとんど外出されていません。ご静養も信子さまが行かれただけで、他の皇族方は中止されている」(同前)

 これまで皇族方が出席されていた行事も軒並み延期または中止になっている。8月15日に行われた全国戦没者追悼式が両陛下の「年内最後のお出ましの機会では」(皇室ジャーナリスト)と言われているほどだ。

「今年、2度目の参加となった天皇皇后両陛下ですが、時節柄、終始マスクを着けたままご参加されていました。天皇陛下がおことばを読み上げられる際にもマスクを着けたままだったのが印象的でした」(同前)

 さらに注目すべき点が。

「陛下がおことばを読まれる際、雅子さまは陛下の半歩ほど後ろに立たれ、正面を向いて少し頭を下げていらっしゃった。これは美智子さまのお姿とは異なる新たな皇后像だと思います。美智子さまは若干、上皇陛下の方を向き、一歩半ほど下がって頭を下げられており、雅子さまの方が一歩分、距離が近いのです」(同前)

美智子さまと雅子さまの“アピール力”の違い

 お代替わりの後、美智子さまとは少し異なる皇后像を提示されている雅子さま。両陛下は4月に尾身茂氏から御進講を受け、そこでのおことばと無音の動画を発表されたが、これは前例のないことだった。皇室ジャーナリストの山下晋司氏が語るのは、美智子さまとの“アピール力”の違いだ。

「現在の宮内庁の姿勢は非常に惜しいと思います。もし天皇陛下のお声入りの動画が発表されたら、もっとテレビや新聞の報道で取り上げられ、話題になったのではないでしょうか。どうしたらマスメディアが取り上げやすいか、という細やかな配慮を上皇后陛下は欠かさなかったと思います」

 今はメディアや侍従を通じてコロナに関する情報収集をされているという美智子さま。雅子さまとの距離は近くて遠い。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年9月10日号)

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。