記事

森友公文書改ざん、赤木雅子さんの独白「職員に真実を話させない財務省の罪深さ」 - 相澤 冬樹

 夫がこのリビングで命を絶って、もうすぐ2年と8か月になる。一人で自宅にいると、ふっと夫の気配を感じることがある。先日こんなことがあった。

【画像】マイナンバーカードの裏面に書かれた改ざんに関する文言

 東日本大震災で夫が行方不明になった女性。9年半が過ぎたある夜、夢で夫が頬を触れてくれた。振り返ると笑っていた。幽霊でもいいから会いたい。そんな切ない記事を毎日新聞で読んでびっくりした。だって、そっくり同じことが私にも起きたから。

 夢で夫が肩をポンと触ってくれた。あれはどうしてだったんだろう? 意味を考えていたらその夜は眠れなかった。今、あれは「裁判頑張って」というつもりだったんだと思うことにしている。その方が元気が出る。左肩が、夫の触れた感触をまだ覚えている。私も、幽霊でもいいから会いたい。

近畿財務局 ©相澤冬樹

情報開示訴訟の2回目の弁論前、和歌山県を訪ねた

 森友公文書改ざんで、財務省近畿財務局の職員だった夫、赤木俊夫(享年54)がおととし、命を絶った。妻の私、赤木雅子(49)は真実を求め2つの裁判を起こしている。1つ目は、国と、改ざんを指示した佐川宣寿元財務省理財局長に対する損害賠償訴訟。2つ目は、夫の公務災害を認めながら、その理由を示す文書をなかなか開示しようとしない近畿財務局に対する個人情報開示訴訟。きょう11月5日は、2つめの情報開示訴訟の2回目の弁論だ。

 この裁判を前に私は和歌山県を訪ねた。25年前の阪神・淡路大震災の年、私たち夫婦の結婚式で仲人をしてくれた方は和歌山の出身で、かつて夫の上司だった。もうすぐ退職するので「財務局に長く残る別の上司に頼んだ方がいいんじゃないか?」と遠慮されたが、夫はその方を深く信頼していたので「どうしても」と頼んだという。それから8年後にその方は亡くなった。私は和歌山県内でその方のお墓にお参りして手を合わせた。

 ご自宅で奥様と思い出を語り合っていると、結婚式での仲人のあいさつの文面を探し出してくれた。夫にいきなりプロポーズされた私が、さすがに即答できず急性胃炎になったというエピソードを披露し、「そんなに急に返事はイエン、というところでしょうか」と笑いを取っている。その後だ。

「新郎は知識も豊かで『信ずるところ臆せず行動する』という点において誠に青年らしく頼もしい限りでありますが、老婆心をもって申し上げれば、そこが一つ心配な点でもあります」

 ほんとに夫はそういう人だった。「信ずるところ臆せず行動する」という気持ちがあったから、公文書改ざんに抵抗し、どんな改ざんをさせられたか「赤木ファイル」という記録を残し、最後は改ざんの真実を記した「手記」を遺して命を絶ったんだろうか?

 次は私が「信ずるところ臆せず行動する」番だ。裁判で臆するわけにはいかない。

マイナンバーカードの裏面に書かれている文言

 裁判を前に私は9月、弁護士お2人とともに近畿財務局を訪れた。夫の個人情報開示について交渉するためだ。財務局の担当者は名刺も渡してくれない。名前を確認したいと伝えると、首から下げているマイナンバーカードを示した。財務省は職員の入庁証としてマイナンバーカードを使っている。夫もそうだったからよく知っている。でも彼らは、その裏側にこんな風に書かれているのを知っているだろうか?

「記載事項を改ざんした者は、法律により罰せられます」

 改ざんを指示した佐川さんも、改ざんのために休日中の夫を呼び出した上司の池田靖さんも、みんな職場でいつもこのカードをぶら下げているのだ。でも改ざんに関わったあの人たちは、誰も法律により罰せられていない。

 面談が始まると財務局の人は「赤木さん、弁護士さんの話をすべて理解しているということでよろしいですか?」と失礼な質問を投げかけてきた。あげくに、私や弁護士さんたちが説明を求める質問にはほとんどゼロ回答で何の成果もなかった。

 私はそれまで近畿財務局を訪れたことがなかった。だから最後に、夫の職場だった部屋をちょっとだけのぞかせてほしいとお願いしたけれど、それもダメだった。上司に掛け合うそぶりすら見せてくれなかった。

 私は相手の発言を記録するため、この時のやり取りを弁護士さんには言わずに録音していた。その音声データをカンテレ(関西テレビ)の記者、諸岡陽太さんに求められたので提供した。カンテレさんはその内容を裁判前日、4日のニュースで10分間も放送枠を使って流してくれた。フジテレビにも全国ネットにするよう掛け合ったけれど、それはかなわなかったそうだ。でも、裁判当日以外にこんなに大きく扱ってくれるなんて、うれしかったし、とても励まされた。

きょうの弁論で心に誓ったこと

 そして迎えたきょう5日の弁論。私は密かに心に誓うことがあった。国が事前に出してきた準備書面に、国の代理人として14人もの名前が書かれている。訟務検事と呼ばれる法務省の担当者、それに財務省や近畿財務局の職員の名が並んでいるのだが、その中に9月、私と面談した財務局の担当者の名前があるのを見つけたのだ。仮に猫塚さんとしよう。

 猫塚さんも法廷に来るかもしれない。法廷で原告の私と被告・国の代理人が直接話す機会はないけれど、私には前回の経験があった。弁論が終わって法廷を出る時、被告席の横を通る。その時に一瞬、あいさつ程度なら交わすことができる。前回は「よろしくお願いします」と頭を下げたら何人かの方があいさつを返してくれた。それだ。退出間際のほんの一瞬に勝負をかけよう。

 この日、被告席には国の代理人が10人並んでいた。マスクをつけていると、猫塚さんがいるのかよくわからない。きのう音声データがテレビで流れたことをどう思っているだろう?

 弁論では相変わらず、国側は書類が多すぎて開示手続きが間に合わないと、およそ納得できない理由を繰り広げる。それもわかっているからまあいい。

 弁論は15分ほどで終わった。私は法廷を出るため被告席の横を通り過ぎる瞬間、国の代理人の人たちに声をかけて頭を下げた。

「きょうはありがとうございました」

 すると相手の方たちも「ありがとうございました」と返してくれた。少し人間らしいやり取りができた気がした。

私はあの人たち個人を責めたいわけではない

 猫塚さんも、他の国の代理人の人たちも、好き好んでゼロ回答を繰り返しているわけではないだろう。彼らが何も言わないのは、何も言わせてもらえない。「何も言ってはならない」と言われているからだろう。組織に、財務省に、近畿財務局に。

 夫の上司だった池田靖さん。夫が最も信頼していた職場の仲間だった。森友事件の発端になった国有地の値引き売却も、その経緯を記した公文書の改ざんも、どちらにも深く関与して詳しく知っているはずなのに、真相を明らかにしようとしない。改ざんを指示した佐川さんだってそうだ。

 私はあの人たち個人を責めたいわけではない。夫はなぜ命を絶たねばならなかったのか、真実が知りたいだけ。だから真実を知っている人に本当のことを話してほしいだけなのだ。

 私が開示を求めている文書を、今もせっせと墨塗りしている人、墨塗りさせられている人がいるはずだ。夫が不本意な公文書改ざんをさせられたように。私は心の中でつぶやいた。

「あなたも猫塚さんも、夫のように追い詰められませんように。それを祈っています」

 ……でも、けさ私の心を一番騒がせたのは別のこと。裁判に行くのに何か形見を身に付けようと夫のベルトを締めたら……穴が同じ場所でサイズがピッタリだった。どうして? やつれるほど大変な思いをしているのに。これは少し、いや、かなりショックだったけど、夫が守ってくれていると思うことにしよう。私はいつも前向きに考える。そうでないと財務省のような巨大組織と闘うことはできない。

(相澤 冬樹)

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。