記事

これから数百万人が悩まされる「コロナ後遺症」 疲労感、咳、息切れ…本当の症状とは?- 「文藝春秋」編集部

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が止まらない。全世界の感染者は4700万人、死者は120万人。特にアメリカでは感染者数が1000万人に迫り、死者は23万人を超えた。インド、ブラジルでも感染者は増加の一途をたどり、また、冬の訪れが近づくとともにフランス、スペイン、イギリスなどを中心に欧州では第二波が猛威を振るい、WHOの報道官は「集中治療室が埋まりつつある」と発言している。

 感染が拡大する中で注目を集めているのが「後遺症」だ。

新型コロナに感染したウイルス学者

 WHOのテドロス事務局長は、新型コロナウイルスの後遺症が体内のあらゆる器官に影響を及ぼし得ると会見で明らかにし、具体的に「疲労感、咳、息切れ、肺や心臓を含む主要臓器の炎症と損傷、神経系や心理面での影響」などを挙げた。

 一方、日本では経済回復と感染抑制を同時に目指していることもあり、感染者数がなかなか減らないが、以前に比べ新型コロナウイルスへの警戒心が薄れているような空気もある。

©iStock.com

 新型コロナウイルスに感染するということはどういうことなのか。

 実際に感染し、幸運にも回復した世界的なウイルス学者ピーター・ピオット氏がその危険性を改めて警告する。

自分は感染しないと思っていた

「ひょっとして自分がCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)にかかったのではないかと疑ったのは3月19日です。喉も痛くなく、咳も出ませんでした。息切れをしたわけでもありません。私の体に起こった変化はひどい頭痛でした。

 まるでバスに追突されたような痛みで、少し熱が出ました。数日前から疲労を感じていましたが、朝から晩まで仕事をしていたせいだろうと思っていたのです。

 COVID-19の世界的な感染拡大がニュースになってからも私はかなりアクティブに動いていました。皮肉にもCOVID-19についてあちこちで話をしていましたし、ほとんど毎晩、誰かとディナーをとっていました。振り返ると、じゅうぶんな感染予防を心がけていたとはとてもいえません。ウイルス学者の自分は感染しないと高をくくっていたのです」

 ピーター・ピオット博士は世界的な感染症学者として知られ、1976年、ザイールでエボラウイルスを共同発見したことから、「エボラの父」と呼ばれることもある。また、HIVウイルスについての研究でも先駆的な役割を果たし、1995年には国連合同エイズ計画(UNAIDS)の初代事務局長に就任した。

 現在はロンドン大学衛生・熱帯医学大学院学長を務めている。

「このまま天国に行くことになるかも」

 ピオット博士が自身の感染体験を振り返る。

「4月1日にロンドンにあるロイヤル・フリー病院に入院しました。病院に行く途中、友人たちに『これからどうなるかわからないが、病院に直行する。集中治療室に入れられるかもしれない。集中治療室での死亡率は高いから、どうなるか神のみぞ知るだ』とメールをしました。

 幸い、集中治療室ではなく、緊急治療室に入院することになりました。持って行ったのは、パジャマとiPhone、iPad、それと少しの本だけ。部屋には他に3人の男性が入院していましたが、お互いに話す元気もなく、1週間、酸素マスクをつけて、ただただ天井を見つめて過ごしました。もちろん見舞い客は1人も許されません。

 正直、最後は人工呼吸器をつけられてしまうかもしれない、このまま天国に行くことになるかもしれないという最悪のケースが頭をよぎりました」

1週間で退院できたが……

 幸運なことにピオット博士は回復し、1週間後、退院することができた。

「病院はタクシーを用意すると言ってくれましたが、私はゆっくり空を見て帰りたかったので、電車に乗って家に向かうことにしました。退院したとき、ロンドンはロックダウンしていたので電車には3人くらいしか乗っていませんでした。

 久しぶりに空を見たときは本当に感動しました。私は町の空気を胸いっぱい吸い、緑色の葉をつけた木々を見あげました。そのときの解放感は今でも忘れられません。ようやく家に着き、妻のハイディに会ったときは感情がぐっとこみあげて涙が止まりませんでした。彼女は本当に辛かったと思います。私が病院でどういう状態であるかまったくわからなかったのですから」

 しかし、帰宅後、博士は後遺症に苦しむことになる。

階段を上ると突然息切れが

「帰宅したからといってすべてが元通りになったわけではありません。いろいろな問題が出てきました。庭に出たり、階段を上ると突然息切れするのです。私の家はジョージアン様式のタウンハウスなのでいくつかの階に分かれていて、一日に何度も階段を使います。ところが階段を一気に上ることができず、途中で休憩しなくてはなりませんでした。

 発症から4カ月経った今も、まだ体調は100%ではありません。毎日、2~3マイルのジョギングをしていますが、以前と違ってすぐに疲れてしまいます。

 何かをするとすぐに疲労を感じてしまう後遺症はこれから何年も続く可能性があります。私のようなコロナウイルス・サバイバーに対するサポートがもっと必要です」

何百万人もの人が後遺症に悩まされる

 博士は自身がコロナに苦しむことになった原因のひとつは、自分だけは感染しないという「思いあがり」だったという。

「私はずっとウイルスの研究をし、エボラウイルスの共同発見者にもなりました。ある意味、ウイルスの敵だったのです。これまでエボラ出血熱や他のウイルスに冒された患者と接触してきましたが、一度も感染しませんでした。それで、『自分がウイルスに感染することはない』と自信過剰になっていたのかもしれません。この思いあがりがCOVID-19を軽くみることにつながったのだと思います。これまで感染しなかったのは単に運がよかっただけなのです。今回、私はウイルスに復讐されたと言ってもいいかもしれません。

 COVID-19が流行り始めたころ、このパンデミックは一時的なものだと思っていました。しかし、今の状況からすると今後、何百万人もの人が後遺症に悩まされることになるでしょう」

 新型コロナウイルスの感染抑制に必要な措置とは何か、ワクチンへ過度に期待してはいけない理由などをピオット博士が自らの体験を元に語った「コロナに感染した『ウイルス学者』の悔恨」は「文藝春秋」11月号および「文藝春秋digital」に掲載しています。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年11月号)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    立ち食いやきそば コロナで閉店

    田野幸伸

  4. 4

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  5. 5

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  10. 10

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。