記事
  • ロイター

米労働生産性、第3四半期は4.9%上昇


[ワシントン 5日 ロイター] - 米労働省が5日発表した第3・四半期の非農業部門労働生産性(速報値)は、季節調整済みの年率で前期比4.9%上昇した。単位労働コストが低下し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による景気低迷から米経済が持ち直す中で賃金上昇の抑制を示唆した。市場予想は5.6%上昇だった。

第2・四半期の労働生産性は当初発表の10.1%上昇から10.6%上昇へ改定された。1971年第1・四半期以来の高い伸びだった。

先週発表された第3・四半期国内総生産(GDP)は年率で前期比33.1%増と歴史的な伸びとなり、生産性が上昇したことを示唆していた。第3・四半期は政府が企業や労働者を対象に3兆ドルを超える支援策を導入したことが景気を押し上げた。第2・四半期GDPは31.4%減と、過去最大の落ち込みだった。

GDPと労働市場の勢いの違いは、好調な生産性が理由とみられる。

米経済は、新型コロナのパンデミックによって失った生産高の3分の2を取り戻した一方、喪失した2220万件の雇用のうち回復できたのは半分超にとどまる。雇用回復が2007─09年の世界金融危機時よりずっと長くかかることを示唆する。

第3・四半期の労働生産性の前年同期比は4.1%上昇だった。

労働時間は36.8%増。第2・四半期は42.9%減少していた。

生産単位当たりの報酬を示す単位労働コストは8.9%低下。第2・四半期は8.5%上昇していた。第3・四半期の前年同期比は2.5%上昇した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。