記事
  • ロイター

米新規失業保険申請75.1万件、前週から小幅減少 高止まり続く


[ワシントン 5日 ロイター] - 米労働省が5日発表した10月31日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は75万1000件と、前週の75万8000件(改定)から7000件減少した。しかし、新型コロナウイルス感染の再拡大を背景に経済活動が失速の兆候を示す中、依然高止まりが続いている。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は73万2000件だった。

MUFGのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は「新型コロナウイルスの感染再拡大により、一時解雇の第2波が経済の打撃になるだろう。企業の多くが完全に事業を再開できず、倒産に直面し、解雇を余儀なくされるかもしれない」と述べた。

調整前ベースの新規失業保険申請件数は543人減の73万8166人。季節調整済みの数字は新型コロナの影響が加味されるため、エコノミストは調整前の数字に注目している。

自営業者や単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」などに適用されるパンデミック失業支援(PUA)の申請件数を含めると、約110万人が31日までの1週間に失業保険を申請した。

24日までの1週間の失業保険受給総数は53万8000件減の728万5000件。市場予想は720万件だった。失業保険の延長申請件数は17日までの1週間で396万1000件だった。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スイート氏は「米国内総生産(GDP)は新型コロナ流行によるリセッション(景気後退)下での落ち込みを来年には全て回復するだろうが、雇用市場の回復にはより時間がかかるだろう」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。