記事
  • ロイター

欧州委、21年ユーロ圏成長率予測を4.2%に下方修正 感染第2波で


[ブリュッセル 5日 ロイター] - 欧州委員会は5日、2021年のユーロ圏の経済成長率予測を4.2%に下方修正した。7月時点の予測は6.1%だった。

新型コロナウイルスの再流行が影響する見通し。ただ、同委員会は、今回の予測を巡る不透明感は極めて高いとしている。

2020年の経済成長率の予測はマイナス7.8%。2022年の予測はプラス3.0%。

今回の予測では、新型コロナの制限措置の一部が2022年まで続くが、2021年以降、段階的に緩和され、経済への影響が時とともに低下すると想定した。

また、2021年1月1日時点で欧州連合(EU)と英国の通商協定が成立していないと仮定して予測を立てた。

第4・四半期については、前期比0.1%のマイナス成長を予測。新型コロナ制限措置の再導入が響くとみられている。

特に感染第2波の影響が大きいと予想されるのがアイルランド、フランス、ベルギー。前期比でそれぞれ1.1%、1.0%、0.7%のマイナス成長が予想されている。

ドイツは前期比0.6%のプラス成長となる見通し。

ユーロ圏のインフレ率の予測は、2020年が0.3%、2021年が1.1%、2022年が1.3%。

失業率は2020年が8.3%、2021年が9.3%、2022年が8.9%。政府の対策が寄与するとしている。

財政赤字の予測は、2020年が国内総生産(GDP)比8.8%、2021年が6.4%、2022年が4.7%。

公的債務残高は2020年がGDP比101.7%、2021年が102.3%、2022年が102.6%。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。