記事

1億円で落札! 秩父が産んだウイスキー「イチローズモルト」が僅か12年で世界的評価を得た理由 - 増田 晶文

 秋が深まり夜も更けてくると、グラスに琥珀色した“aqua vitae (アクア・ヴィテ)=命の水”を満たしたくなってくる。 

【画像】海外で数々の賞を受賞した「イチローズモルト」

 うまいウイスキーをちびりちびりとやれば、世事の憂さや悩みがゆっくり靄につつまれていく――。

世界を席巻する「イチローズモルト」

 このところ、洋酒ブームが続いている。

「とりあえずビール」の声を押しのけ、ハイボールが取って代わる勢い。さらには、日本のウイスキーが世界的な人気と評価を得ている。そんな中、ジャパニーズ・ウイスキーの旗手として注目されているのが、肥土伊知郎と彼が創設したベンチャーウイスキー社だ。

肥土伊知郎氏

 肥土の名を冠した「イチローズモルト」は国際的なコンテストで数々の賞を受けている。プレミアぶりも、なまなかではない。ごく初期のモルト54種を揃え、世界に完品は4セットしか残存していないといわれる「カードシリーズ」が、オークションで1億円近い値段で落札されたほど。

 昨年は肥土が、洋酒界で最高峰の栄誉といわれるISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)の「マスター・ブレンダー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。ウイスキーの味わいを決定するキーマンとして、押しも押されもせぬ存在になったわけだ。

失意のどん底からスタートした

 とはいえ――元メジャーリーガーのイチローならぬ、肥土伊知郎と「イチローズモルト」の名をご存じの方は、やはり熱心なウイスキーファンということになろう。せっかくの機会なので、「清楚で繊細、ほんのり甘くて上品。複雑かつ奥深い味わい」と世評高い銘酒、そのブレンダーを紹介させていただきたい。

 肥土は1965年に埼玉県秩父で生まれ、今年55歳になった。生家は1625(寛永2)年創業の酒蔵で、1946年にウイスキー製造免許を取得している。

 肥土は大学卒業後、サントリー勤務を経て94年に実家へ戻った。だが、折しも洋酒は未曽有の不振にあえいでいた。大手メーカーですら蒸溜中止を検討するほどの惨状だった。

 父に代わり社長に就任したものの、苦境を脱しきれない。2000年には39億円もの負債を抱え民事再生手続きの憂き目に。ほどなく会社は人手に渡ってしまう。しかも、400樽あったウイスキー原酒が不良在庫と決めつけられ、廃棄を命じられた。中には20年近く熟成されたモルトもあったのに……。

 しかし、肥土は失意のどん底から躍進をスタートさせた。

日本で一番小さな蒸溜所

 04年、彼はベンチャーウイスキー社を設立。まずは処分を免れた酒を売り出す。

 肥土は、オーセンティックなバーやマニアックな品揃えの酒販店に的を絞って営業をかけた。狙いは当たり「モルトは馴染みが薄い」「クセが強すぎる」と価値を否定されたウイスキーが少しずつ認められていく。

 そこから肥土はひとつの確信を得た。

「コアなファンは本格的で個性豊かな国産モルトウイスキーの登場を待っている」

 これこそが「イチローズモルト」誕生のきっかけとなった。08年、肥土は父祖と縁の深い秩父で、2億円近い費用を投じてオリジナルウイスキーの製造に乗り出す。当時、日本で一番小さな蒸溜所の誕生だった。

「採算は度外視でした」

 もっとも、その頃は依然として洋酒市場が冷え切ったまま。モルトへの一般的な認識も低い。肥土には「無謀だ」「正気なのか」といった非難と嘲笑の礫が投げつけられた。

 しかし、彼はひるまない。本場の英国で研鑽を積み、スコットランドからポットスチル(単式蒸溜器)を取り寄せ、発酵槽にミズナラの木桶を用いた。肥土は原料の大麦のゴミを手で取り除き、発酵槽から蒸溜器へとホースをかついで駆けまわった。それどころか瓶詰や営業、経理までもこなしている。

 ミズナラ材の樽を自前で製作したのも、つよいこだわりといえよう。この樽で熟成させたモルトは香木のような薫香をもつ。今では、それがジャパニーズ・ウイスキーの際だった特性と評価されるに至っている。ただし、コストは存外に高くつく。

 肥土は振り返った。

「10年後を見据え、うまいウイスキーをつくるためなら採算は度外視でした」

“ウイスキー屋のおやじ”のプライド

 また、彼はファン開拓とあらば試飲会や洋酒ファンの集いなどで、惜しむことなく逸品をふるまう。おかげで前述した1億円のモルトシリーズも手元に残っていない。

「規模ではとても大手メーカーにはかなわないけれど、品質では絶対に譲れない。私は“ウイスキー屋のオヤジ”でしかないけれど、うまい酒をつくっているというプライドをもって独立独歩を貫いていきます」

 数年前まで、日本にはベンチャーウイスキー社を含め洋酒メーカーは8つしか存在しなかった。それが、ブームをうけ設立計画もあわせれば40近い蒸溜所が乱立しつつある。だが、肥土はひしめくライバルを尻目にこういってのけた。

「夢とロマンをもって、品質重視で参入してくる仲間は大歓迎です。だけど短期的視野と利益追求の蒸溜所は論外」

 2023年は日本のウイスキー誕生100年を迎える。

「私もメモリアルイヤーにふさわしい、うまい酒を世に問おうと準備しています」

 彼の視線は常に未来をみつめている。

 ゼロからウイスキー作りを始めたにもかかわらず、なぜ肥土伊知郎はわずか数年で世界的な評価を得ることができたのか? 肥土のウイスキー作りにこめた想いと、周囲を巻き込む静かな情熱に迫る「令和の開拓者たち 肥土伊知郎」は「文藝春秋」11月号および「文藝春秋digital」に掲載されています。

(増田 晶文/文藝春秋 2020年11月号)

あわせて読みたい

「ウイスキー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。