記事

AIで人間の顔をディズニー風に変換できる無料サイトが復活!

2/2

AIにおけるディープラーニングとGANsを活用

「Toonify Yourself!」は、研究者のジャスティン・ピンクニー(Justin Pinkney)氏および、Doron Adler(ドロン・アドラー)氏が開発したもの。人工知能(AI)におけるディープラーニングと敵対的生成ネットワーク(Generative adversarial networks、GANs)を活用している。


利用方法は、同サイトに変換したい写真をアップロードし、「Toonify!」をクリックするだけ。


あっという間にディズニー風に変換した写真が出来上がる。ただし、公式サイトによると、アニメのキャラクターにメガネをかけている登場人物が少ないため、メガネをかけた人の変換は難しいとのこと。なお、アップロードした画像や生成された画像を保存しないとしている。

また、高解像度の画像を作成できる有料版の「Toonify HD」も公開している。気になる人は「Toonify Yourself!」とあわせてチェックしてみては。

>>Syncedによる報道

AIで人間を顔をゾンビに変える無料サイト、なかなかの怖さ……


本サービスに興味を持った人は、写真に写る人物をゾンビにできる無料サイト「Make Me A Zombie!(メイク・ミー・ア・ゾンビ)」にも注目してほしい。

「Make Me A Zombie!」を使うと、『Crazy In Love』や『single ladies』などで有名なシンガーソングライターのビヨンセさん、『インデペンデンス・デイ』『アイ・アム・レジェンド』『アラジン』などで知られるハリウッド俳優のウィル・スミスさんも、見事にゾンビ姿に大変身してしまう。

また、2020年11月3日のアメリカ合衆国大統領選挙で争うドナルド・トランプアメリカ合衆国大統領と、ジョー・バイデン元アメリカ合衆国副大統領も、同じようにゾンビ化する。実際の写真も見たい人は以下の記事をクリックしてほしい。

関連記事:AIで人間を顔をゾンビに変える無料サイト、なかなかの怖さ……

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  4. 4

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  5. 5

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  7. 7

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  8. 8

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  9. 9

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  10. 10

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。