記事

上沼恵美子、NHK紅白初出場か 直撃に「大晦日は東京」

紅白は夢の舞台だと話した上沼

 社会全体に閉塞感が漂ういま、1曲の演歌が人々の心に響いている。上沼恵美子(65才)が歌う『時のしおり』だ。

【写真】意外なプライベート姿を見せる上沼恵美子

「最近は御意見番やお騒がせタレントのイメージが定着していますが、上沼さんは実力派の歌手でもあるんです。歌唱力は幼い頃から秀でていて、ちびっこのど自慢大会で入賞を繰り返すものだから、“のど自慢荒らし”なんて呼ばれていたほどです。20才のときに発売した『大阪ラプソディー』は、40万枚を超える大ヒットでした」(テレビ局関係者)

 久々の新曲『時のしおり』は、時間をかけて支持を集め続けているという。

「発売は昨年の11月なんですが、今年4月に緊急事態宣言が発出されたタイミングで人気に火がつきました。6月1日付のオリコンシングル演歌・歌謡ランキングでは、1位にもなりました。この曲は昭和の東京オリンピックや大阪万博、平成の大震災を振り返りながら、令和のいまは心をつないで生きましょう、と呼びかけるメッセージソング。元気をもらえる歌だと口コミで広がったんです」(音楽業界関者)

 注目されるのは大晦日、『紅白歌合戦』(NHK)への出場だ。上沼は過去、応援団(1975年)、司会(1994年、1995年)、ゲスト審査員(2019年)として出場しているが、歌手としての出場はまだない。歌手での出場が実現すれば、女性としては史上初の「紅白グランドスラム」を達成することになる。

 そしてついにその知らせが届いたという。

「先日、紅白歌合戦の制作サイドから上沼さんへ大晦日のスケジュール確認と出場の打診があったようです。上沼さんにとって紅白出場は、“それが叶うなら、芸能界を引退してもいい”と口にするほどの悲願でした。来たるべき晴れ舞台に備え、健康と美容により力を入れているそうです」(前出・テレビ局関係者)

 喜びのコメントを求め、上沼を直撃した。紅白内定の事実を確認すると、「全然(ない)ですよ。紅白なんてとんでもない」と否定し、こう続けた。

「レコード会社からは、日本レコード大賞にかかるかもしれないので、12月30日は東京に来てくださいと言われています。翌日の大晦日も東京にいることになると思います。スケジュールは、空けていますよ。うふふ」

 NHKに出場内定を確認すると「まだお答えできることはございません」との回答だったが、今年の目玉は“ナニワの女帝”で決まりか──。

※女性セブン2020年11月19日号

あわせて読みたい

「上沼恵美子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  4. 4

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    張本氏 坂本勇人は図に乗ってる

    文春オンライン

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。