記事

【読書感想】なぜネギ1本が1万円で売れるのか?

1/2

なぜネギ1本が1万円で売れるのか? (講談社+α新書)

なぜネギ1本が1万円で売れるのか? (講談社+α新書)

  • 作者:清水 寅
  • 発売日: 2020/10/22
  • メディア: 新書


Kindle版もあります。

なぜネギ1本が1万円で売れるのか? (講談社+α新書)

なぜネギ1本が1万円で売れるのか? (講談社+α新書)

  • 作者:清水寅
  • 発売日: 2020/10/21
  • メディア: Kindle版

内容(「BOOK」データベースより)
ブランド創り、マーケティング、新しい働き方、僕たちは、ネギ界のダイソンを目指す。ミシュラン星付きレストランのシェフは唸り、スーパーのバイヤーたちは喜び、大手種苗会社の営業担当者は膝を打つ。儲け方・売り方・働き方、ビジネスのヒント満載!

 1本1万円のネギが売られていたら、買う?

 僕は買わない(買えない)のですが、世の中には、それが唯一無二の価値をもっていれば、カネに糸目はつけない、という人っているんですよね。

 お金って、あるところにはある。

「1本1万円のネギを食べてみた」というだけで、YouTubeの動画のネタにもできそうですし。

 いまの世の中では、「インスタ映えするような珍しい体験」そのものの価値が、ものすごく上がっています。

 1本1万円のネギが売れている──。

 そう聞いて、驚かれる読者は多いのではないでしょうか?「ねぎびとカンパニー」が販売している贈答用ネギ「モナリザ」がそれです。

 うちではすでに2015年から、8本1万円の「真(しん)の葱(ねぎ)」を発売しており、限定30セットが毎年売り切れるほど好評をいただいていました。だから2019年にモナリザを発表したときも、ちゃんと売り切る自信はあった。実際、たちまち5件の予約が入り、慌てて予約受付を止めたくらいです。

 著者は、この「1本1万円のネギ」そのもので儲けようとしているわけではないのです。

 読者のなかには「1本1万円だって? そのネギばかり作って売れば、大儲けじゃないか」と思われた方も多いでしょう。でも、そもそもモナリザは人為的に大量生産できるものではありませんし、僕の狙いもそこにはない。

 じゃあ、なぜモナリザを世に送り出したのか? 残りの200万本のネギを少しでも高く売るためなのです。

 1960年代に本田技研工業がF1レースに参戦したとき、本田宗一郎さんはべつに「F1マシンを売りたい」なんて考えてはいなかったでしょう。彼が売りたかったのは、一般消費者向け乗用車のほうだったはず。

 しかし、「ホンダの四輪」が有名になるのは1970年代以降、当時はまだ「ホンダってバイクの会社でしょ? 自動車なんて作っているの?」程度の認知度だったのです。

もしF1レースで優勝して話題になれば、「F1で勝てるほどのエンジンが作れるのだから、普通の乗用車も性能がいいに違いない」と世界中に思ってもらえる。大きなビジネスにつながる。そう考えたのではないでしょうか。

 そういう意味では、モナリザはホンダのF1マシンのような存在なのです。それ自体を主力商品にするつもりはないけれど、それが話題になることで、普及版が売れるようになる。狙いは別のところにある。

「この会社のネギ1本に1万円を出す人がいるってことは、普及版もおいしいに違いない。多少は高くても試してみようか」

 消費者に、そう思ってほしかったのです。いま、ネギの平均的な価格は3本198円(秋冬。春夏は3本298円)ぐらいです。一方、うちの「寅ちゃんねぎ」は2本298円。少し高いものを思い切って買っていただくには、そのための説得材料が必要だった。

 著者は実家が農家だったり、若い頃から就農を目指して勉強していたわけではなく、30歳で消費者金融の世界から、ちょっとしたきっかけで、山形県で農業をはじめることになります。

 それまでの会社で大成功を収めていたのに、あまりにも唐突にみえる方向転換でした。

 正直、この本を読んでいると、「ああ、こういう生き方は、僕には無理だな」と考えずにはいられないんですよ。

 小学生レベルの計算問題もできないまま、消費者金融の世界に飛び込み、圧倒的な努力と成果で抜擢されていった話など、「自発的ブラック労働」ですし。

 本人は、「もともと体育会系だし、自分には『努力』しかない」という考えを持っていて、農業においても、ほとんど休みをとらず、飲みに行ったり娯楽にお金や時間を使うこともなく、さまざまな研究を続けてきたのです。

 仕事に全身全霊をかけることが、著者にとっての「あたりまえ」だった。

 すごいなこの人、と圧倒されてしまう。

 でも、規格外すぎて、この人の真似をするのは僕には現実的ではない。

 著者は、初めて地元の山形でパート・アルバイトの募集をしたときのことを振り返っています。消費者金融での実績で、「人を育てる自信はあった」とのことなのですが、応募してきた女性5名、男性1名に対して、即採用としたのはいいものの、そこで「やらかして」しまったのです。

 採用者に自分の「名言」が入ったTシャツを着せ、ファミリーレストランで大声で「軍隊の朝礼のように」会社の理想像を語っていたそうです。そのファミリーレストランでは、周囲も「これはいったい何なんだ」という目で見ていたのだとか。

あわせて読みたい

「マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。