記事

国防か、自然か…米軍訓練の移転計画に揺れる馬毛島 元住民、地権者、首長、経済界、それぞれの思惑は

1/2


 皆が「宝の島」と表現する、大隅諸島の馬毛島(鹿児島県西之表市)。だが、誰のための「宝の島」なのか。

 イセエビやトコブシが豊富に獲れる漁場で育った元住民たち。島の自然と文化に価値を見出す人たち。開発のため、島のほとんどを買収し国に160億円で売却した元地権者。島をアメリカ軍の訓練施設として活用する計画を進める国。そして再編交付金や自衛隊駐留による経済特需を期待する地元・西之表市の住民たち。

 様々な思惑に揺れる南西諸島の小さな島の現状をレポートする。(鹿児島放送制作 テレメンタリー『島の宝の島 軍事基地は誰のため』より)

■硫黄島から空母艦載機の離着陸訓練が移転か



 鹿児島県の南に位置し、ロケット発射場と国内有数のサーフィンのスポットがあることで知られる種子島。その西方10kmほど先に見えるのが馬毛島だ。40年前に無人島となり、今では大半の土地がむき出しになっているが、かつては緑豊かな島で「宝の島」とも呼ばれていたという。

 この島の利活用をめぐり、日本とアメリカは2011年、アメリカ軍の訓練移転の候補地とする文書を交わした。地上の滑走路を空母の甲板に見立てて空母艦載機が離着陸を繰り返す、FCLP(陸上空母離着陸訓練)の訓練地として検討されているのだ。



 現在FCLPは騒音対策のため、東京都の硫黄島で行われており、駐留する山口県の岩国基地から片道およそ1400km、70分かけて飛んでいる。しかし、これが馬毛島になれば距離は3分の1以下となり、安全で、燃料も節約できる。

 防衛省は去年、島の大半の土地を持つ地権者と売買の合意に達した。ゆくゆくは2本の滑走路を持つ自衛隊基地を新設し、150~200人程度の隊員を常駐させる計画だ。資料では、アメリカ軍のFCLP訓練は年に2回・あわせて2カ月ほどの使用を予定する、とされている。

■「外国を攻撃するための軍隊が馬毛島に来て、仲良くなんかできないですよ」



 地元・西之表市では賛否が分かれている。

 「売買が成立する前から辺野古の予算を何百億近くも流用して、質問しても答えない、隠す。国会の論議がないままどんどん進んでいるのでとんでもないやり方なんです、国は」と不信感をあらわにするのは、「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」の三宅公人会長だ。

 「僕は下西の鞍勇といって、馬毛島が見える景色の中で育ってきたんです。皆が不安に思っているのは、本当に米兵が遊ぶところもなんもない馬毛島だけにいるのだろうかということ。屈強な男たちが2週間近くいてね、西之表に遊びに来ないのだろうかと。これはアメリカの人と仲良くするのとは全然別のことですからね。外国を攻撃するための軍隊が馬毛島に来て、仲良くなんかできないですよ」。



 自然と文化の重要性を挙げ、訓練移転に反対の立場を掲げて当選した西之表市の八板俊輔市長(元朝日新聞記者)も「南部の方に草原があるんですけど、そこでは朝、まだ静かなうちにシカ、マゲシカの2、30頭の群れが草を食べている。その草原を駆け巡る姿に、大いなる自然が身近にあるということを感じたのが一番の驚きでした。FCLP以外の利用をすることのメリットもあるわけですね。体験活動、教育的な使い方もそうなんです。いろんな構造物とかも残ってますので、自然を生かした観光文化的な使い方というのはあると思います」と話す。

■「やはり国土防衛は国の最重要課題ですから」



 一方、「馬毛島の自衛隊・FCLP訓練を支援する市民の会」の杉為昭事務局長は「西之表の上空を低空で飛ぶとか、騒音がすごくて家が揺れるくらいだとか、みんな想像でしか言わないもんですから。その話が大きくなって、ちょっとおかしいんじゃないかと。やはり国土防衛は国の最重要課題ですから」と話す。

 「このタイミングを逃したら、今後どうなるだろうという不安だらけですよ。人はいなくなる、税収は少なくなる、公共サービスはできなくなる。西之表、種子島の未来がなくなるということから考えて、馬毛島を犠牲にするじゃないけど、FCLPを支援してやっている市だということで観光に結び付けてですね、そうやって伸びていく島だと僕は認識しているんですね」。

 自衛隊基地が建設されれば、隊員の家族が移り住み、街がにぎわう。アメリカ軍の訓練移転が決まれば、さらに数十億円とみられる再編交付金が地元の経済を潤す。そのため推進派には、商工会や建設組合などのトップも名前を連ねているという。



 防衛省が馬毛島に狙いを定めるもうひとつの大きな目的が、南西諸島の防衛強化だ。尖閣諸島をはじめとする中国の軍事活動に対抗すべく、防衛省は宮古島や奄美大島に次々と新たな基地を配置している。馬毛島は、そうした部隊の訓練施設という位置づけだ。

 日本大学危機管理学部の吉富望教授(元陸上自衛官)は「2018年に長崎県佐世保市に水陸機動団が設置されていますけど、いま日本を見回したときに上陸訓練ができる場所というのは極めて限られている。もう一つ、南西諸島は1000km以上の長さがありますので、必要な物資を必要とされる場所・時間に届ける後方支援が結構難しい。馬毛島を備蓄の拠点とし、そこに飛行場と港ができれば、南西諸島に物を運ぶという意味では非常に大きな意義がある」と説明する。

あわせて読みたい

「米軍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  5. 5

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  6. 6

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  9. 9

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。