記事
  • ロイター

米大統領候補の様々な発信は承知、コメント控えたい=加藤官房長官


[東京 5日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は5日午前の会見で、米大統領選挙についてトランプ大統領とバイデン前副大統領の両候補がさまざまなメッセージを発信していることは承知しているとしつつ、「日本政府としてコメントは控えたい」と述べた。

両候補の支持者同士が衝突することに警戒が高まっており、渡航邦人の身の安全が懸念されることに関して加藤長官は「状況を注視しながら邦人保護に万全を期したい」と述べた。

また、米国が米国が4日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から正式に離脱したことについては「非常に残念なこと」との認識を示した。その上で、日本としてはパリ協定の着実な実施を重視する姿勢を示した。

脱退はトランプ大統領が昨年正式通告していたが、バイデン候補は当選した場合は早期復帰すると明言しており、大統領選の結果次第で状況が大きく変わる可能性もある。[nL4N2HQ5B1]

(中川泉 編集:田中志保)

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  3. 3

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  4. 4

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  7. 7

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  8. 8

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  9. 9

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。