記事

マンガキャラクターに著作権はない!?「BL同人誌裁判」で下された“二次創作”驚きの判決 「麦わらと呼ばれた海賊ルフィの孫」の設定でも法的にはOK - 加山 竜司

1/2

「マンガの二次創作が必ずしも著作権侵害になるわけではない」

 商業マンガにとって、同人誌などに掲載される「二次創作」は、市場を涵養する意味では重要だが、それと同時に厄介な存在だ。

 二次創作とは、主にマンガやアニメの設定やキャラクターを使って、著者以外が新たなストーリーを作ることを指す。厳密には好きなマンガのイラストを描く「ファンアート」も二次創作に該当する。

 いまや二次創作の盛り上がりはマンガの売れ行きと連動するが、著作権的にはグレーな領域でもある。

 同人誌の市場規模はいまや1000億円近いとも言われ、東京ビッグサイトなどで行われるコミックマーケット(コミケ)は4日間で75万人を動員するイベントとして完全に定着している。

 去る10月6日に知財高裁で興味深い判決が出た。訴訟は、BL同人誌の作家が、無断で作品をインターネットにアップロードして広告収益を上げていたサイト運営企業に対し、損害賠償を請求したもの。

 その中で、「マンガの二次創作が必ずしも著作権侵害になるわけではない」「同人誌にも著作権がある」と裁判所が判断したのだ。


10月6日に知財高裁で判決が出た裁判で対象となった同人誌の一部 Ⓒ文藝春秋

 長らく“原作者のお目こぼし”だと思われてきた同人誌が、実は同人作家が胸を張って誇れるものだとしたらアングラなイメージも随分と変わってくる。

 実際問題として、二次創作が著作権侵害にあたるのはどんな時か、何がOKで、何がアウトになりやすいのか。

 二次創作と著作権について詳しい河野冬樹弁護士に話を聞いた。

性的な表現があるものも複数含まれていた

――はじめに事件を整理させてください。今回、サイト運営企業を訴えたのは、原作の著作者ではなく、二次創作をやっている同人作家なんですよね?

「そのとおりです。原著作物は『ハイキュー!!』や『ダイヤのA』、『おそ松さん』など有名な作品ですが、その二次創作(同人誌)をサイトが無断でアップロードしたことについて、同人誌の作者が訴えました」

――今回の訴訟になった同人誌は、「おそ松さん」の四男と次男らしき人物がオフィスでエッチなことをしたり、「ユーリ!!!on ICE」の勝生勇利らしき人物がなぜかミニチュア化してカツ丼の上に全裸で寝ていたり……と、性的な表現があるものも複数含まれていました。絵柄はかなり原作に近いものから遠いものまで千差万別です。しかし一般的な感覚だと、「二次創作には著作権は発生しない」と思いがちです。

二次創作は海賊版ではなく「創作性」が認められる

「非常によくある勘違いですね。実際に同人活動をされている人の中にも、『同人誌に著作権は発生しない』と思っている人がとても多いです。今回の裁判の中で、訴えられたサイト側が主張したのも同じ発想です。“同人誌は違法に制作されたものだから著作権はない。よって、無断でサイトにアップロードしてもよい”と」

――その言い分はずいぶん身勝手ですが、「無許可で二次創作された同人誌に著作権が発生する」というのもなんだか不思議な感じがします。

「それはもしかしたら、二次創作と海賊版を混同しているのかもしれませんね。例えば『ドラえもん』の原作をコピーしたらこれは海賊版ですから、著作権は当然認められません。しかし二次創作というのは、もともと存在するキャラクターを前提に、同人作家が独自のストーリーを付け加え、自分の絵で描いているわけです。そこには『創作性』が認められます」

――それは「内容を問わず」ですか?

「そうです。わいせつだから著作権がない、ということはありません。そして、今回の判決の最大のポイントは『二次創作でも保護される』ということを裁判所が明確に言ったことだと思います」

――と言いますと?

「実は同人誌の業界は、海賊版や違法アップロードだらけの“無法地帯”なんですよ。以前、マンガや書籍を無断でアップロードする『漫画村』というサイトが社会問題になりましたよね。出版社や原作者が動いたことで『漫画村』は閉鎖されましたが、他人の作った同人誌の違法アップロードサイトは今も無数にあり、アップロード者はそれで堂々とお金を稼いでいます。“どうせ同人誌は違法(著作権侵害)だから、同人作家は訴えてこないだろう”とタカをくくっているんです。今回の判決を受けて、違法アップロードが減ればいいですよね」

――同人誌の場合、出版社が著作権保護のために動いてくれるわけではないので個人で訴えるのも大変です。同人誌であるという引け目もあったはずです。ただ今回の判決で「二次創作はなんでもOK」になったということではないですよね?

「ルパン三世」は海外小説の設定を利用しているが……

「もちろんです。判決では『本件各漫画(筆者注:同人誌のこと)のキャラクターが原著作物のそれと同一あるいは類似であるからといって、これによって著作権侵害の問題が生じるものではない』という部分がありますが、絵やセリフ回しが酷似している場合は著作権侵害になる可能性が高いです」

――逆に言うと、「キャラクターに著作権はない」ということですか?

「これも勘違いされやすい部分ですが、キャラクター自体に著作権はほぼ適用されません。小説のケースを想定して考えてみるとわかりやすいです。『ルパン三世』は、モーリス・ルブランの小説に出てくる『アルセーヌ・ルパン』の孫という設定ですが、設定を持ってきているだけなので、無許可であったとしても著作権侵害にはなりません。なので理論上は、『麦わらと呼ばれた海賊ルフィの孫』を主人公に作品を作ることは可能です。名前にも著作権はないので、有名なキャラクターと同じ名前をつけることは可能です」

――かなり意外です。設定こそ作品の肝という感じもするのですが……。

「著作権法の原則は『表現は保護するけどアイデアは保護しない』。タイムスリップや入れ替わりなどのアイデアは、それだけでは保護されない。それが具体的な表現、つまり作品に昇華された時点で保護されるようになる。しかし、アイデアがどう表現にあらわれているのかを証明するのは難しい。小説の場合は、セリフなどを丸写ししていない限りほとんど不可能なのが現状です。それと比べると、マンガやアニメの場合は絵がある分、表現として認められやすいです」

――現実問題としては、キャラクターも設定も借用して構わないけれど、絵や構図が似ていると著作権侵害になりやすいということでしょうか。

「最終的には『容姿や服装がどれだけ似ているか』というところに帰着するのではないでしょうか。これは半分笑い話のように聞こえるかもしれませんが、絵が下手で似ても似つかない場合、著作権侵害にならない可能性もあります」

――では、「ルフィの孫」は?

「それも、絵が似ていれば問題になるでしょうね。それと商標権などの隣接権利についても、『これは同人誌です』と明記してあって読者が誤認する余地がなければ、ほぼ侵害にはならないのが現実です」

――同人誌である時点で全てアウトに近い感覚でいましたが、意外と著作権侵害というのは認められにくいものなのですね。

あわせて読みたい

「著作権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。