記事

「原状回復で700万円を払え」兄の孤独死で妹に降りかかった想定外の大出費

1/2

親族が孤独死した場合、後処理としてどれくらいの費用を請求されるのか。ノンフィクション作家の菅野久美子氏は、「特殊清掃だけでなく、物件のフルリフォームを前提とした原状回復費用を求められ、総額で約700万円を請求されたケースもある」という——。

暗がりで見える床
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Weedezign

腐敗体液で発生したうじが階下の部屋にポトリ…

年間約3万人と言われる孤独死——。

日本少額短期保険協会が、2019年に発表した第4回孤独死現状レポートによると、原状回復費の平均損害額は、36万1392円。ゴミなどの残置物処理費用、21万4120円と合わせると、60万円近くになる。通常はこの費用は、賃貸物件であれば保証人が、分譲物件の場合には相続人が、原状回復の責任を負うことになる。孤独死現場を取材していると、実際には数百万円という原状回復費用が請求されるという事態に度々遭遇する。

なぜ、このような大金がかかってしまうのか。

いったん、お部屋で孤独死が起こると、夏場は特に遺体がすさまじい勢いで腐敗し、焦げ茶色の体液が体中から染み出す。甘ったるいような、なんとも形容しがたい腐敗体液が体中からあふれ出し、フローリングであれば、床材がグニャグニャになるほど浸透してしまう。そこに、部屋の換気扇などわずかな隙間から入り込んだハエがうじを生み、地獄絵図と化しているのが、偽らざる実態だ。

私が取材した木造の古いアパートでは、二階で亡くなった女性の腐敗体液によって、うじが発生し、畳を通り抜け、階下の住人までポトリと落下したことで孤独死が発覚したケースがあった。背筋が凍りつく思いがするが、これは今も日本全国で起こっている現実である。

通常のマンションであっても、体液が階下まで伝わり物件の原状回復工事が終わるまで下の階の住人がホテル暮らしを強いられたり、そのにおいに耐えきれず隣人が引っ越しを余儀なくされた例もある。孤独死が起こると、金銭的な代償はもちろんのこと、周辺住民に多大な迷惑や心労を及ぼす。亡くなった部屋の問題だけでは済まなくなるため、費用も膨れ上がる。

兄を亡くした女性はなぜ700万円を請求されたのか

前述のレポートによると、孤独死した場合、遺体が発見されるまでの平均期間は、17日。2~3日ならともかく、ここまで長期間遺体が放置されれば物件への影響も深刻となるのは、必然といえる。

しかし、一番の問題は、孤独死の特殊清掃よりも、孤独死した住民の部屋の使い方である。

兄を孤独死で亡くしたA子さんは、管理会社から原状回復費用として約700万円を請求された。20年以上ひきこもりだった兄が住んでいたマンションは、体積したゴミの層とCDや本で埋め尽くされた男性に多い典型的なモノ屋敷だった。

兄は人間関係のトラブルで会社を退職後、長年部屋を閉め切り、換気もしていなかった。部屋はカビだらけで、たまねぎなどの野菜や腐った食べ物が散乱しており、死臭と混ざり合い、すさまじいにおいを発していた。そのため、部屋中に食べ物の腐敗臭やすえたカビのにおいが壁紙を通り抜けて、柱など建材の奥深くまで染みついてしまった。

注目すべき点は、遺体の腐敗体液の特殊清掃や部屋のごみの撤去費用そのものは80万円近くで済んだということだ。

しかし、長年にわたって不衛生な環境での生活を続けた結果、物件のフルリフォームを前提とした多額の原状回復代金が追加で必要になり、この費用が、600万円近くかかった。

曇りの日の新宿、奥に見えるビル群は灰色の霧の霧に覆われている
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ablokhin

フルリフォームというのは部屋の中の造作部分を解体して、スケルトンの状態にしてからすべて新しくすることで、簡単に言うと部屋の造作をすべてやり直すということである。

A子さんは会社員時代の兄の保険によってなんとかこの費用を工面できたが、通常数百万円もの大金をいきなり用意しろというのは、遺族にとっては酷である。そのため、故人に財産がない場合はしばしば相続放棄され、その場合の原状回復費用は、大家が泣く泣く負担することになる。

あわせて読みたい

「孤独死」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  7. 7

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  8. 8

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  9. 9

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。