記事

「経済効果1.5兆円」東京五輪が中止になっても日本には大阪万博がある

1/2

2025年4月から半年間、大阪湾の人工島「夢洲」で国際博覧会(大阪・関西万博)が開催される。日本総合研究所マクロ経済研究センター所長の石川智久氏は、「この万博の開催期間中の経済効果は、東京オリンピック・パラリンピックより大きい。日本経済に大きなインパクトを与えるだろう」という——。

※本稿は、石川智久『大阪が日本を救う』(日経プレミアシリーズ)の一部を再編集したものです。

2025年大阪・関西万博のロゴマークに決まった「TEAM INARI(チームイナリ)」の作品と代表のシマダタモツさん=2020年8月25日、大阪市北区

2025年大阪・関西万博のロゴマークに決まった「TEAM INARI(チームイナリ)」の作品と代表のシマダタモツさん=2020年8月25日、大阪市北区 - 写真=時事通信フォト

万博は大阪にとっての式年遷宮

万博が決まって以降、様々なところで講演会などをさせていただいているが、そこで痛感することが一つある。それは大阪にとって万博は一種の式年遷宮であるということだ。

式年遷宮とは大きな神社や仏閣が数十年に1度、建物を建て替えること、古くなったものを建て替えるという意味もあるのだが、伝統技術を若い世代に伝えていく効果もある。

1970年の万博は50年前の話であり、当時のことを知らない若い世代は非常に多い。また当時を知る世代も細かい話は今では忘れているというのが現実であろう。しかし2025年に万博を開催することになったため、現役世代は当時の世代に真剣に話を聞くようになっている。それによって当時の知識や経験が若い人に伝わるという副次的な効果をもたらしていることを感じる。

私は1974年生まれであるので1970年万博のときには生まれていない。ただし万博決定以降、1970年万博のときの空気や現代にも活用できそうな経験、そして、現代人が失ってしまった活気なども教えてもらった。このように今、大阪では万博時代の経験を語り合うことで先輩世代と現役世代の間でコミュニケーションが生まれている。どの地域でも40年か50年に1回は大きなイベントをすることによって、地域ぐるみで事業承継を果たしていくということが後の世代を育てるために必要なのであろう。

そんな万博だが、松井一郎氏や橋下徹氏が誘致を言い始めたときは「維新の会が勝手なことを言っている」「誰がお金を出すのか」といった空気であった。結果として盛り上がり始めたのは実は誘致決定の半年前ぐらいからだ。

筆者が感動した「絶対日本に投票する」という大使の言葉

講演会では基本的に経済の話をするのだが、マクロ経済の話は新聞に書いてある話とそんなに違わないので、結構寝ている人もいる。カジノ付き統合型リゾート(IR)の話は興味ある人半分、怪訝そうな顔をする人が半分という感じだ。ただし、後半に入り、万博の話をすると、皆目がランランとするようになった。やはり大阪にとって万博は特別なイベントだ。2025年の経済効果の話をするよりも1970年万博の昔話の方が皆元気になるのが大変印象的であった。

ちなみに、万博の投票は各国大使が押しボタンで投票し、誰が投票したかはわからない。そのなかで一つ私が感動した話を書こう。某国の大使が日本の外交官に「私は昔、日本に行って日本人、とりわけ関西人に優しくしてもらった。本国からは別の国に投票するようにと言われているが私は絶対日本に投票する」と語った。

もちろん彼が本当にどう投票したかはわからない。ただそういった話を聞くと我々の先輩たちがどれだけ海外に貢献してきたのかと、日本人であることが大変誇らしく思える。

ネットが発達したからこそ万博は盛り上がる

万博について講演会をしていると、「万博は過去のものではないか」という質問を受けることが多い。確かにVRやARなど在宅で楽しめるものが増えているなか、万博はもしかしたら時代遅れなのでは、という指摘も一理ある。しかし、1970年の万博のときにも同じような話があった。

太陽の塔と桜

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/danieldep

マーシャル・マクルーハンという当時有名な社会学者がいたのだが、彼は「テレビをみてれば楽しめるので万博会場に行くやつはいない」とコメントした。それをみて日本側の万博企画者は真っ青になったらしいが、ふたをあけてみると、大盛況であった。

この話は堺屋太一氏の『地上最大の行事 万国博覧会』(光文社新書)という本を読んで初めて知ったことであるが、堺屋氏によると、体験型と伝達型でエンターテインメントの性質は異なり、両方が存在しうるという指摘をしている。現代でも家庭用ゲーム機は非常に優れているが、東京ディズニーランド・ディズニーシー、夢洲の近くのユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は毎日のように活況を呈している。

2025年の万博では、ネットでのコンテンツ配信も目玉にする予定だ。「ただみせるだけ」ではない、リアルとネットとの融合を目指す。デジタルコンテンツ制作会社のチームラボの活動などをみると、美術をみせるということと、美術のなかを体感するということをうまく組み合わせている。お祭り感、特別感を味わいたいのは人間の本能かもしれない。

1964年の東京オリンピックも開催直前まで盛り上がらなかったそうだ。1970年の大阪万博も開催初日は予想の半分の来場者だったが、最後は大成功を収めた。どうやら日本は事前に盛り上がらなくても、急激に盛り上がることが可能な国らしい。2025年の万博もうまくいくことを願うばかりである。

あわせて読みたい

「大阪万博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  5. 5

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  6. 6

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  7. 7

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。