記事

管理職のきみと、いつか管理職になるきみと、管理職が苦手なきみへ

1/2

サイボウズ式特集「そのがんばりは、何のため?」。今回はたらればさんに、「頑張りとモチベーション」についてコラムを執筆いただきました。

こんにちは、Twitterで平安文学や読んだ本の話、働き方や好きなソーシャルゲームの話をしていたら、いつの間にかフォロワー数がだいぶ増えて、あちこちでいろんな原稿を書くことになった、「たられば(@tarareba722)」と申します。普段は出版社で情報系Webサイトの編集長を務めております。

本日はサイボウズさんからのご依頼で、仕事と働き方、それから「そのがんばりは、何のため?」という、いわゆるモチベーションについて思うところを書いてゆきます。

「編集長」という中間管理職、「自分がやらなきゃ」と思い込んでいた

みなさん、「編集長」と聞いてどのような職務を想像するでしょうか。わたしは若い頃、「やりたいことがなんでもできるえらい人」だと思っていました。

オフィスを見渡せる奥まったスペースに立派な机と豪華なイスが用意され、いつもそこにどかっと座って、自分の好きな人に書いてほしいことを書いてもらい、「どうだ、おもしろいだろう」とのたまって読者に喝采を浴び、そのくせ「いやいや、えらいのは書き手ですよ」なんていう存在。

出版社に就職した22歳のわたしは、すくなくともそうした姿を夢見ていました。いつか編集長になって、好きな書き手に好きなことを書いてもらうんだと。

けれど、実態はぜんぜん違いました。苦労して実際に編集長になってみると、驚くほど「自由」がない。

「あれ、編集長って、つまり中間管理職なのか」と、このとき初めて気づきました。

そしてなにより、これは多くの中間管理職のみなさんが首肯してくれると確信しているのですが、若い頃わたしが「自由だ」と思っていた多くの要素は「妥協の産物」であり、上からと下からと右からと左から迫りくる壁のなかで、なんとか活路を見出す「箱庭のもがき」のことでした。

仕事における「自由」とは、「できること」と「許されていること」と「会社や読者(顧客)に望まれていること」をすべてクリアしたわずかな手持ちピースの組み合わせに「やりたいこと」を織り交ぜて、なんとか「成果」というパズルを完成させることだったわけです。いやぁ、至難の業だ。

この業を、どうにかして、もうすこし「なめらかに」できないか、あるいは全体のサイズを大きくして成果を大きくできないか。

そう考えて毎日やりくりしていたら、ある日、体調が崩れたうえになんと自分が業務のボトルネックになっていることに気づきました。

いやぁ…お恥ずかしい。なんでそんなことになったのか原因を考えてみると、どうもわたくし、「自分でやったほうが早い」という「呪い」にかかっていたようなのです。

管理の第一歩は「仕事を分けて環境を整備する」こと…と宮本武蔵も言っている

「自分がやらなきゃ」、「自分でやったほうが早い」を積み重ねていくと、「誰もやってくれない」に行き着かざるをえなくなります。作業の責任とは、「それを(面倒くさくても)適切に割り振ること」まで含まれていると思ったほうがいいようです。

誰にも割り振れずに自分でやり続けるかぎり、仕事は(作業者の器以上には)まったくスケールしないし、そもそも管理職を置く意味がなくなります。

仕事全体の成長が止まるだけでなく、管理者は自分だけで仕事を回している気になって心も体も削れていき、周囲も仕事の最適化について考えなくなります。わたしはなりました。すまん。

釣った魚を分け与えるだけでなく、釣り竿を渡して釣り方を伝えることまでが仕事なのですよね。

陸上『400m走』の世界記録は、ウェイド・バンニーキルクの43秒03(2020年9月28日時点)ですが、4人でバトンを繋いで走る『400mリレー』の世界記録はそれより6秒以上速い36秒84(ジャマイカ代表)です。

このリレーの記録は、ウサイン・ボルトの100m走世界記録を4倍したタイムよりも速いのです(9秒58秒×4=38秒32)。

ボルトがひとりで4回走るより、誰かにバトンをつないで協力して走ったほうが速い。いわんやわれわれ凡人をや。ひとりで走ってる場合かと。

もっとはっきり書けば、管理職は管理に専念したほうがいいし、作業員は作業に専念したほうがいい。「仕事を分けて、環境を整備する」ことこそが「管理」の第一歩だったりするわけです。

編集長になりたての頃のわたしは、そんな簡単なことさえわかっていませんでした。本当に、すまん。

では具体的に「管理」って何をすればいいのか。個人的に大変参考になったのは、『五輪書』でした。マジか。マジです。『五輪書』は1645年頃、江戸時代初期、宮本武蔵によって書かれた兵法書です。

この頃、長く続いた戦国時代に終止符が打たれ、平和な江戸時代が訪れたことにより、「戦闘員としての武士」と「政治家としての武将」のあり方が見つめなおされる状況にありました。

そうしたなかで、大変すぐれた兵法家であった宮本武蔵は、「たとえば家を建てるにしても、棟梁の仕事とその棟梁の指示に従う大工では、作業や関心事がまったく違う」と書いています。

はっきりと、「武将≒管理者」と「兵士≒従業員」の仕事は別だ、と書いてあるんですね。

どう違うかというと、

武将(棟梁/管理者)の仕事

・ルールや法律(矩)をよくわきまえておく

・大工(従業員)それぞれの技量を把握して各々に合った(違う)作業を割り当てる

・いい加減な仕事を許さない

・(それぞれの大工の)やる気には上中下があると知る

・仕事全体に勢いをつける

・無理なことは無理だと知る

兵士(大工/従業員)の仕事

・自分の使う道具はよいものをそろえる

・その道具を大切にして手入れを怠らない

・その道具をうまく使えるようになる

参照:『宮本武蔵「五輪書」』 魚住孝至編 角川ソフィア文庫刊、「地の巻 兵法の道」より本記事の作者が要約

上記のように書かれています。なんというか、現代の管理職と作業者の心得に通じるものがあると思いませんか。「無理なことは無理だと知る」っていいですよね。大切。

この「武将(棟梁/管理者)の仕事」で触れた、「(それぞれの大工の)やる気には上中下があると知る」と「仕事全体に勢いをつける」について、大事なポイントなのでもう少し詳しく考えてみます。

達成感を得てもらうために、管理職が知りたいこと

宮本武蔵はさらっと(管理職の仕事として)「仕事全体に勢いをつける」と書いていいますが、その前に「やる気には上中下ある」と書いてあるとおりで、そんなに簡単に「勢い」なんてつけられるものじゃないんですよね。そもそも「やる気スイッチ」ってどこに付いてるんでしょうか。

これ、どこにあるかは人それぞれ違うんですけど、ひとつ特徴があるなとは思っています。それは、「自分のスイッチは見つけづらいけど、他人のはわりと見つけやすい」ということ。管理職って、そのためにいるんじゃないかとさえ思っています。

この点で参考になるのが、アメリカの心理学者フレデリック・ハーズバーグの職務満足における研究です。

ハーズバーグはピッツバーグの11の会社の技術者や会計士と面接調査を実施して、「仕事を頑張ろう」と思うような要因と、「仕事なんかやってられない」と思うような要因は違う、という結果を発表しました(ハーズバーグの二要因理論)。

※『心理学的経営』大沢武志著/PHP研究所刊「モティベーション・マネジメント」より、筆者が簡略化して作成

最初のこの図を見たときはかなり衝撃的だったのですが(「昇進」や「成長」や「給与」が、仕事の満足感や不満度に比較的大きな影響を与えておらず、それらよりももっとずっと「達成(感)」や「承認」、「会社の制度と管理」のほうが満足/不満を左右するとは…)、たしかに自分や周囲の人間を観察してみると、おおいに思い当たるフシのある調査結果だとも思います。

あわせて読みたい

「上司」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。