記事

菅総理には自分の言葉で答弁して欲しい

衆議院予算委員会審議の2日目。我が党からは枝野代表も質問に立ちました。

枝野さんは先週土曜日から昨日まで北海道へ現地視察の出張に出ていたので、リモートで私が質問作りをお手伝いしながら準備を進めました。

さて、今日の菅総理の答弁はどうだったか。

とにかく自分の言葉で答えない。官僚が横から差し出す紙を読む場面が大変多い。しかも内容を十分理解していないのか、的外れ的な内容を読む時も多い。

日本学術会議、脱炭素化社会の実現、エネルギー政策等について、どれについても、今国会の焦点となっている重要なポイントでしたが、不十分な答弁と言わざるをえませんでした。

明日から参議院予算委員会での質疑。参議院においてはいわゆる「片道方式」という時間配分方式で進められます。一問一答での問いがより深くできる方式です。

今度こそ菅総理にはしっかり答弁をしてもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。