記事
  • WEDGE Infinity

バイデン氏に当選の可能性、「われわれが勝った」とトランプ氏【更新】 - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

米大統領選は投票日の3日から開票が始まり、再選を目指すトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領が激戦を演じた。トランプ氏はホワイトハウスで「われわれが勝った」と一方的に宣言したが、4日になってバイデン氏が大接戦の中西部ウィスコンシン、ミシガン両州を逆転で制し、当選の道筋が見えてきた。トランプ氏は再集計を要求する見通し。同氏は選挙に不正があるとして法廷闘争に持ち込む考えを明言、懸念されていた泥沼化の恐れが深まっている。

[画像をブログで見る]声明を発表したトランプ大統領の映像が流れる深夜のNYタイムズスクエア(REUTERS/AFLO)

バイデン氏、猛追の逆転劇

各州の発表やメディアの報道などによると、4日夕までの選挙人獲得状況はバイデン氏が253人、トランプ氏が214人。未確定選挙人数は71人。決まっていないのは激戦州の東部ペンシルベニア(選挙人20)、南部ジョージア(同16)、ノースカロライナ(同15)、西部アリゾナ(同11)、ネバダ(同6)、アラスカ(3)の6州。  このうちジョージア、ノースカロライナ、アラスカはトランプ氏がリード。アラスカはトランプ氏が勝つ見通しだが、ジョージアとノースカロライナは民主党支持者が多い郵便投票分が残っており、なお先行きは不透明だ。

 アリゾナとネバダはバイデン氏の勝利が濃厚と見られている。アリゾナは共和党の地盤で、前回もクリントン氏がトランプ氏に敗北した州だが、今回はバイデン氏に分がある。トランプ氏が勝つには残票の3分の2を獲得する必要があるが、残票は民主党支持者が多いとされる。ネバダ州は3日の投票日以降に到着した郵便投票分の開票結果は5日まで発表しない方針を明らかにし、これが勝敗に微妙に影響するかもしれない。

 勝負の行方はペンシルベニア、ミシガン(選挙人16)、ウィスコンシン(同10)3州に大きくかかってきたが、バイデン氏はウィスコンシン州の土壇場の開票で逆転、競り勝った。選挙報道に定評のあるAP通信が速報した。98%以上の開票段階で、バイデン氏163万389票、トランプ氏160万9879人。その差は約2万人(0.6ポイント)の僅差。

 ウィスコンシン州の規則では、票差が1ポイント未満の場合は再集計を要求できることになっており、トランプ陣営は直ちに再集計を要求する方針だという。前回はトランプ氏がヒラリー・クリントン氏を1万704票(0.3%)の差で破った。

 ウィスコンシンに続き、ミシガンでもバイデン氏が開票の最終盤で逆転した。開票97%段階で、バイデン氏がトランプ氏を1.2ポイント、リードしており、やはりAP通信が速報した。未開票分はデトロイトを含む民主党の地盤の地域が含まれており、バイデン氏の優位は動かないものと見られている。

 ペンシルベニアでは開票率82%段階で、トランプ氏がバイデン氏を6.6ポイント上回っているが、一時は12ポイント以上(約70万票)の大差がついていただけに、バイデン氏の猛追ぶりが顕著になっている。同州でも残票はバイデン支持票が多く、さらに票差が縮まると予想されている。

 今回、これら激戦州でバイデン氏が開票当初で差を付けられ、後に急追してているのは、遅れて開票される郵便投票など期日前投票分が多いことが要因だ。郵便投票はバイデン氏の支持者が多いため、当初はトランプ氏が有利に見える“レッドミラージュ(赤い蜃気楼)”現象が現実に起こった格好だ。“レッド”は共和党のシンボルカラーである。

獲得選挙人300人も

理論的にはまだ両候補にチャンスが残っているが、“レッドミラージュ”現象を考慮すると、バイデン氏当選の方向性が鮮明になりつつある。バイデン陣営は依然大差があるペンシルベニアを落とす前提で勝利のシナリオを描いている。

 バイデン氏がこれまで確定した大統領選挙人数は253人。これに勝利がほぼ間違いないアリゾナ(11)とネバダ(6)を加算すると、270人に達し、当選が確定する。仮に、150万もの残票のあるペンシルベニアやノースカロライナで大逆転するようなことがあれば、獲得選挙人は300人も見えてくる。

 今回の選挙を現段階で総括すると、事前の世論調査で劣勢が伝えられていたトランプ大統領が前回同様、予想を上回る強さを見せつけた印象がある一方、世論調査専門の「リアル・クリア・ポリティクス」(RCP)の直前の調査と実際の開票状況を比べると、ほぼ予想通りの結果となっていることが分かる。

 注目されていた南部ノースカロライナやジョージア、テキサス、中西部オハイオ、アイオワの各支持率は0.2~2ポイントの差でトランプ氏が上回っていたが、少なくとも現時点での結果はトランプ氏の勝利か、優勢という事前の予想通りとなった。バイデン氏にとっては共和党の地盤のアリゾナで勝てそうなのが大きい。トランプ氏寄りの保守系のフォックス・ニュースがバイデン勝利を一番に報じ、トランプ氏の激怒を買ったのは皮肉と言う以外にない。

 しかしフロリダは、バイデン氏がRCPの調査で1ポイント弱リードしていたが、実際には負けた。バイデン氏はトランプ氏に一方的な勝利宣言をさせないためにも、同州で圧勝したいとの思惑を持っていたが、この戦略は奏功しなかった。

「詐欺行為」と根拠なき非難

トランプ大統領がホワイトハウスの招待者の前に姿を現したのは4日午前2時半前。大統領はフロリダやテキサスを制したことに言及しながら「われわれは勝利するし、はっきり言ってすでに勝った」と一方的に宣言した。さらに根拠を示さずに、「極めてけしからぬ一団によって選挙が盗まれつつある」と主張、「これは国民に対する詐欺行為だ」と決めつけた。

 その上で大統領は、選挙の集計を停止させ、選挙の結果を最高裁の手に委ねたいと述べた。大統領の発言は合法的な集計作業に対する介入であり、自分が優位にある州の開票をそのままで終わらせたいという身勝手な言い分だ。「民主主義を踏みにじる驚くべきもの」(CNN)などと強い批判が出ている。

 大統領の顧問だったクリスティー元ニュージャージー州知事は「悪い政治的決定だ」と語り、共和党の中でも大統領の姿勢に反発が強い。大統領の発言は「負ける可能性が出た場合には法廷闘争に持ち込んでもホワイトハウスに居座る」(アナリスト)という懸念を浮き彫りにしており、勝敗の判明が長期化、泥沼化する恐れが現実のものとなった。

 バイデン氏はトランプ氏が登場する1時間前に東部デラウエア州ウエリントンで支持者の前に現れ、「全ての票が数えられるまで選挙は終わらない。選挙の勝敗を宣言するのは私でもトランプ氏でもない。米国民が決めることだ」と述べ、トランプ氏の一方的な勝利宣言をけん制した。同氏はさらに「われわれは今の開票状況に満足している。ウィスコンシン、ミシガンでは好感触を得ているし、ペンシルベニアでも勝つ」と語った。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。