記事
  • ロイター

米加州の住民投票、配車大手の運転手を「個人事業主」に


[3日 ロイター] - 米カリフォルニア州で3日投開票された住民投票で、ウーバー<UBER.N>など配車アプリや食品配送アプリ運営会社の運転手を「従業員」ではなく「独立した個人事業主」と定める案が承認される見通しとなった。

エジソン・リサーチが投票結果を予測した。

州法を覆す内容で、ウーバーやリフト<LYFT.O>などは、個人事業主が単発の仕事を請け負う「ギグエコノミー」のビジネスモデルを維持できることになる。一部の運営会社は、今回の案が住民投票で否決された場合、カリフォルニア州から撤退する意向を示していた。

運営会社側は、運転手を個人事業主とすることで、労働者が働く時間や働き方を柔軟に選択できると主張。一方で、運営会社が労働者を搾取しており、従業員の社会保障費などの負担を回避しているとの批判も出ていた。

配車アプリのウーバー、リフト、食品配送アプリのドアダッシュ、インスタカート、ポストメイツは、今回の住民投票に総額2億0500万ドル以上の資金を投入。同州史上で最も多額の資金が投入された住民投票となった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    「大阪に比べ東京は…」医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コロナ宿泊療養施設の処遇に呆れ

    猪野 亨

  6. 6

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  7. 7

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  8. 8

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  9. 9

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  10. 10

    レクサス事故 被告の放言に唖然

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。