記事
  • ロイター

10月の独サービスPMI改定値は49.5、6月以来の50割れ

[ベルリン 4日 ロイター] - IHSマークイットが発表した10月のドイツのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は49.5で、9月の50.6から低下した。

新型コロナウイルスの感染再拡大で部分的ロックダウン(都市封鎖)が導入される前から、ドイツ経済が厳しい状態にあったことが示された。

速報値の48.9は上回ったものの、景況の拡大・悪化の分かれ目となる50を下回ったのは6月以来。最大の落ち込みはホテルとレストラン。輸送や倉庫も弱かった。

IHSマークイットのエコノミスト、フィル・スミス氏は、「多くの企業が再び11月に営業を停止し、感染拡大も続いていることから、景気の2番底の可能性が高まっている」と指摘した。

ドイツは2日から部分的ロックダウンを導入し、少なくとも11月末まで続く見込み。

ただ製造業は堅調で、サービス部門と合わせた総合PMI改定値は9月の54.7から55.0に上昇した。速報値の54.5から上方改定された。

第3・四半期のドイツの成長率は8.2%だったが、第4・四半期は再びマイナス成長になる可能性が指摘されている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。