記事

「壊れたレコードのよう」枝野代表が菅首相答弁に苦言 消極姿勢に声荒らげる場面も

共同通信社

11月4日、衆議院の予算委員会で立憲民主党の枝野幸男代表が質疑に立ち、菅義偉首相の答弁について、「壊れたレコードみたいなことやるならもう原稿を読むのをおやめになった方がいい」と批判する場面があった。

菅首相の答弁は、予算委員会デビューとなった2日にも「メモを読むだけ」「棒読み」などと一部から批判が上がっていた。

加藤長官の答弁に枝野氏「矛盾している」

共同通信社

この日の最初の質問者だった枝野氏は、日本学術会議の任命拒否問題をめぐって菅首相を厳しく追及した。

まず、「必ずしも推薦通りに任命しなければならないわけではない」という考え方を、菅首相が「内閣法制局の了解を得た政府としての一貫した考えだ」と述べた答弁について、枝野氏は菅首相を指名して質問した。答弁に立った加藤勝信官房長官は、1983年の中曽根元首相による「形式的任命」という発言について「40年前のことですから今から把握するのは難しい」としつつ、政府の考え方は一貫していると説明したが、枝野氏は「把握できないのに一貫していると説明できるのは矛盾している」と主張した。

続いて枝野氏は、菅首相が答弁で語っていた、憲法15条第1項の「公務員の選定は国民固有の権利」を根拠とした“実質的な判断権”について、実際にどのような裁量があると考えているのか説明を求めた。この際再び加藤長官が答弁に立とうとしたため、枝野氏は語気を強めて菅首相の答弁を要求した。

枝野氏:総理のご答弁です。総理お答えください。総理お答えください。総理がご答弁されてる。総理のご判断。官房長官が権限を持ってるんじゃないんです。

この任命権、形式的とはいえ任命権は官房長官ではなくて、内閣総理大臣です。内閣ですらありません。権限関係ない人がしゃべってるんです。総理大臣が答えてください。権限持ってるのは総理大臣だけです。

加藤長官が一度は答弁したが、続いて改めて菅首相が質問に応じた。

菅首相:官房長官からも色々答弁しておりますように、第1項との関係で推薦された方々をそのまま任命しなければならないという点については内閣法制局の了解を得た政府の考え方であります。

それに基づいて、その時点で任命権者として適切に判断した次第です。いずれにしても法制局、私ども政権をとっており、法制局のそうした了解を得た判断です。

任命拒否された6名は問題がある人々なのか

共同通信社

枝野氏は、内閣の一機関である法制局による了解を強調する菅首相への違和感を指摘。さらに質問に答えていないと再度裁量の内容について聞いた。

加藤長官:これはまったく総理が白紙(の裁量)で自由にやれるのかってことではないことは法文上明らかであります。日本学術会議からの推薦に基づいて、そして総理が任命をするということであります。

一方で推薦通りにしなければならないのかという意義のご指摘については、これまでもご説明しておりますように、必ずしも推薦通りに任命しなければならないわけではない。
そしてそうした任命にあたって任命権者、この場合は内閣総理大臣でありますけれども、日本学術会議法に基づき、会議の目的、及び職務等をどう踏まえ、適切に任命をおこなう、これは当然のことだと思います。

この答弁でも、どのような裁量なのかが明らかにならなかったため枝野氏が質問を繰り返すと、再び加藤長官が「任命権者が日本学術会議の趣旨や目的等に照らして、会員の任命について国民及び国会の責任を負えないような場合まで推薦の通り任命しなければならないということではない」と説明した。

菅首相「官房長官時代から学術会議自体を懸念している」

AP

枝野氏は、今回拒否された6名が「任命について国民及び国会の責任を負えないような場合」に当たるということかと指摘。菅首相は、政府の法案への反対や、特定の分野の研究者であることを理由に判断をしたわけではないと強調して、学術会議への自身の考え方を語った。

菅首相:私はたびたび申し上げていますけど、年間10億円の予算を使って活動している政府の機関です。任命された場合、公務員となるのですから、その前提で社会的課題に対して、提言などをおこなうために、専門分野の枠にとらわれない広い視点にたってバランスのとれた活動を確保するために必要な判断をおこなったものです。

さらに今回の個々人の任命の判断とは直結していませんが、私は学術会議自体に官房長官時代から様々な懸念を持っていました。かねて多様な会員を選出するといわれながら、現状は出身や大学に大きな偏りがある。そして産業界や49歳以下の若者はわずか3%、また会員の選考は全国に約90万人いる研究者のうち、約200人の現在の会員や、2000人の連携会員この人たちとつながりがない方については、選ばれないんです。 閉鎖的で既得権のようなものになっているといわれると、私はここは仕方ない状況だと思います。

そうした中で、推薦された方々をそのまま任命されてきた前例踏襲をやめて、総合的な判断として、99人を任命する判断をいたしました。
また個々人の任命の理由について、政府の機関に所属する公務員の任命であり、通常の公務員の任命と同様にその理由については人事に関することであり、お答えを差し控えるということを私は今日まで申し上げてきました。

枝野氏は同じような内容を繰り返す答弁に対し、「壊れたレコードみたいなことやるならもう原稿を読むのをおやめになって、自分でお話になった方がいいんじゃないですか」と苦言を呈した。

さらに学術会議会員の「偏り」是正を判断基準のように説明した菅首相に、閣僚の方が女性比率がよっぽど低いと指摘し、曖昧な基準では学者側が政府を忖度せざるを得ない状況になることを危惧した。

さらに6名が欠員となっている現状は「違法状態」だと説明し、ただちに6名を任命し直してこの議論を終わらせるべきだと訴えた。菅首相は、一連の手続きは終了しており、仮に新たに任命するのであれば日本学術会議法に沿って改めて補充の推薦手続きが取られる必要があるとしている。

ネットでは枝野氏へ称賛 一方ブーメランとの声も

ネット上では枝野氏の厳しい追及を評価する声がみられたが、一方で同じ内容を繰り返す様子を「壊れたレコードのよう」と例えたフレーズには、枝野氏自身への「ブーメラン」であるという指摘もあった。

また学術会議問題については、枝野氏も「早く終わらせたい」と語ったが、ネット上でも新型コロナ感染対策など、もっと他に議論すべきテーマがあるという指摘が目立っていた。

◆「しらべて欲しい」情報や疑問をお寄せください

BLOGOSしらべる部では読者の皆さまからの情報や疑問を募集中です。普段の生活やニュースのなかでしらべて欲しいと思ったことを、記者が取材します。

以下のアドレスにご連絡ください。
dl_shiraberubu@linecorp.com

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  3. 3

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    トランプ大統領「4年後会おう」

    ロイター

  7. 7

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  8. 8

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  9. 9

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  10. 10

    竹中批判 本人は「もっとやれ」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。