記事

衆議院の総務委員長になりました。

第181臨時国会が、10月29日に開会しました。11月30日までの会期です。この日に、衆議院の総務委員会の委員長になりました。内示は受けていたのですが、国民の生活からの委員長枠をという要請に対して、どの委員長ポストを渡すかが決まらず、結局、農林水産委員長が、国民の生活の議員になりました。総務委員会は、これまで全く関係してきていませんが、この国会で成立を目指している法案は、厚生労働大臣として担当してきた、被用者年金一元化と公務員の退職手当を削減する法案、そして、年金と雇用をつなげるための高齢者雇用安定法改正案の地方公務員分ということで、かかわってきたものです。

  衆議院は、通常通り、総理大臣の所信表明があり、代表質問を行いましたが、参議院は、前国会での問責可決によって、所信も代表質問も行わないという、異常な状態でのスタートになりました。結局、久々の緊急質問という形で、実質的には代表質問のような形を2日にとりましたが、これは、代表質問で、民主党の仙谷議員が指摘したように、参議院としての権利を放棄する、理解しがたいものだと思います。また、短い会期の中で、特例公債法案、一票の格差をなくす法案、社会保障国民会議など、やらなければならない法案があります。そのため、5~7日まで、総理が国際会議で海外ということもあり、予算委員会より先に財務金融などの委員会を開くことを提案していました。野党が、それに合意してくれたことは、決められない国会で既成政党は全部ダメとも言われている中で、よい方向だと思います。

  野田総理が提案したように、予算は衆議院優越がありますが、この規定を作ったときにはなかった、予算の半分以上を国債に頼っている現状で、特例公債法案を人質にとって、毎年秋には、総理の首をとる、ということはなくすために、今、与野党で知恵を出すべきだと思います。予算案とともに特例公債法案を衆議院優越にし、1年ごとに顔が変わる、回転ドア総理と海外から言われる状態をなくすことは、国際的は信頼醸成のためにも必要で、政権交代が当たり前になった現在、どの党にとっても、それ以上に、国民のみなさんにとっても、よいことだと思います。強すぎ参議院のあり方も考える必要があると思います。

  厚生労働大臣、副大臣としての2年余り、地元をあまり歩けなかったので、国会の委員会等のない日は、なるべく地元を歩くようにしています。都知事選挙と同時に、都議会議員の補欠選挙が、世田谷ではあることになり、12月16日の投票日に向けて、急ピッチで準備をしています。また、「厚生労働大臣、副大臣 742日」というタイトルで、実現してきた政策を本にします。原稿は10日で書きあげ、12月25日クリスマスに発行予定です。

あわせて読みたい

「野田内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  7. 7

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  8. 8

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  9. 9

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  10. 10

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。