記事

「豪華・象徴性」で米・台湾連携強化を演出した「総統主催晩餐会」 - 西川恵

1/2

台湾を訪問したクラック米国務次官(左)と蔡英文総統(中央)(中華民国総統府HPより)

 8月のアレックス・アザー米厚生長官に続く、9月17~19日のキース・クラック米国務次官の台湾訪問は、トランプ政権(第1期)の台湾政策の1つの頂点を画すものといえるだろう。

「戦争に向けた準備を」

 クラック国務次官の訪台後、中国は台湾への圧力を一段と高めている。10月上旬、中国共産党系の『環球時報』は、胡錫進編集長名で、

「中国が前進するための唯一の道は、戦争に向けた準備を完全に整えることだ。(中略)歴史的な転換点が近づきつつある」

 との論文を掲載した。中国軍機も中国と台湾を隔てる台湾海峡の中間線を度々侵犯し、その度に台湾軍機が緊急発進している。

 15日には、台湾が実効支配している東沙諸島に向かっていた台湾のチャーター機が、途中で引き返さざるを得なくなった。同機が香港の飛行情報区域に近づくと、香港の管制官が、

「高度2万6000フィートより下で危険な活動が行われている」

 と警告したためで、事前に通知はなかったという。チャーター機は毎週運航し、台湾の当局者や沿岸警備員が利用している。

 クラック国務次官の訪台がいかに中国を苛立たせているか分かるが、香港の一国二制度が中国によって事実上、有名無実化された後、台湾が東アジアにおける中国と米国のせめぎ合いの重要な場となり始めており、蔡英文総統が、同国務次官を手厚くもてなしたのは当然でもあった。

 同次官の訪台の目的は、李登輝・元総統の告別式への参列もあるが、この機会を利用して、米台の広範な経済連携を協議することにあった。その大きな場が18日夜、蔡総統が催した晩餐会だった。

幸せ一杯の意

 総統公邸で持たれた晩餐会には、台湾側から外交や経済の閣僚のほか、半導体大手「台湾積体電路製造(TSMC)」の創業者、張忠謀(モリス・チャン)氏(89)が出席。米側からはクラック国務次官をはじめ、商務省の高官や国防総省の元高官らが招かれた。

 冒頭、蔡総統は、

「台湾とアメリカの関係はここ数年、多くの実質的な進展があった」

「今後も一段と協力を進め、信頼関係をより強固にし、双方でさらに強い基盤を築き、一層友好的で密接なパートナーになれるよう期待する」

 と述べた。クラック国務次官も民主的な台湾を支持し、関係強化を図っていきたいとの期待を表明した。

 この夜のメニューである。

酒肴 ピーナッツ炒め、台湾式キャベツの漬物、客家特製炒め
特製前菜盛り合わせ
(アワビとフルーツをゴマだれで和え、深皿に盛ったもの)
佛跳牆(フォー ティャオ チァン)スープ
(アワビや貝柱、ナマコなど多種類の高級乾物を主な食材として、数日をかけて作るスープ)
ロブスター、ガーリックとライスヌードル添え
牛ヒレ肉、タケノコと万願寺唐辛子添え
金銀タマゴのホウレン草炒め
(金は鶏卵、銀はアヒルの塩タマゴを形容している)
鼎泰豊製小籠包
(グルテンフリーを希望される人にはライスミートボールを選択)
シラス、切り干し大根入り炒飯
季節のフルーツ盛り合わせ
マンゴー シャーベット

 興味深いメニューだ。豪華さと象徴性に溢れ、演出も凝らした料理の数々である。

 アワビ、ナマコ、ロブスターなどの高級食材を見れば、豪華さは一目瞭然だ。食前や食事の途中につまむ〈酒肴〉は台湾料理で固めている。ピーナッツ炒めしかり、台湾式キャベツの漬物しかり、客家特製炒めしかり。

 中国から東南アジアに広く散らばった客家は独自の文化を保持し、台湾ではエスニックグループの中でも大きな割合をなしている。その料理は台湾の食文化に深く根を下ろしていて、客家特製炒めは固い豆腐や干し魚やスルメなどを炒めたものと思われる。

 アワビと南国のフルーツを組み合わせた〈特製前菜盛り合わせ〉は、いかにも台湾ならではだ。次の〈佛跳牆〉は、スープではこれぞという一品。アワビや貝柱などの乾物のほか、鶏、アヒル、鳩、豚足など計20種類以上の食材を数日間煮込んで作る。

 このスープは一説によると、清時代に役人に仕えていた料理人が創作した福寿全(フー ショウ チュアン=幸せ一杯の意)という料理だ。これが客人に大人気となり、独立して店を開くと、その美味しさに大繁盛したという。名前の〈佛跳牆〉とは、菜食主義者のお坊さんも壁を乗り越えて食べに来るほどの美味しさという意味だ。いまも福寿全、もしくは满壇香(マン タン シアン=香り満つ壺)とも呼ばれる。

 以前は中国政府も、外国のトップ級の首脳に出したことがあるが、節約志向が徹底されている昨今、お目にかかったことがない。これが台湾の蔡総統の晩餐会で出されたのである。

 しかも元々、この料理が広東省から福建省にかけての料理であると知ると余計に興味深い。台湾と、海峡を挟んだ向かいにある福建省は、歴史的に人と文物の交流が盛んで、食文化でも互いに影響を及ぼし合ってきた。その意味では〈佛跳牆〉も台湾の食文化の一端を体現しているといえるだろう。

〈金銀タマゴのホウレン草炒め〉は、台湾と米国を金(鶏卵)と銀(アヒルの塩タマゴ)になぞらえているように私は受け止めた。塩タマゴは塩水に生卵を漬け、1カ月程度寝かせて作る発酵食品だ。中国大陸、台湾、東南アジアで広く食べられている。

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。