記事

ドイツ人は日本より中国を重視している?

 『環球網』が「德民调:德将中国视为巨大机遇 政治地位超过日本」が如何にも中国らしいというか、如何にも『環球網』らしい記事を掲載していたので、今日はこれについて少し。

1 記事の紹介

 最初にいつものとおり、記事を翻訳したものを簡単に紹介させていただきます。

 9月末、民間意識研究学院TNS Emnidは「アジアの飛躍」というテーマで一千人を超える様々な階層のドイツ人を対象に世論調査を行った。

 56%の者が、特に中国の飛躍により、アジアはヨーロッパを上回り、若年層により多くの就労機会をもたらすと述べていた。アジア、特に中国がヨーロッパにもたらした競争の圧力は大きくなりつつある。

 しかし、71%のドイツ人は、ドイツが科学研究技術の方面では、先を走っており、ドイツ人はドイツの国際的な地位に対して、自信を持っている。

 50%の者がアジアがドイツに対して、機会をもたらし、39%の者だけが、脅威をもたらすと思っている。これについては、教育の影響を大きく、高等教育を受けていない者の半数がアジアに脅威を持っており、高卒・大卒の60%の者がアジアの飛躍に対し、好意的だ。

 また、世論調査によると、ドイツ人はすでにアジアを1つの統一体ではなく、国家ごとに見ている。大多数のドイツ人が中国の地位は既に日本を上回ったと思っており、その上ドイツ製品にとって、中国市場は日本市場より遙かに重要だと思っている。

 62%の者が中国はアジアにおける重要な政治のパートナだと思っており、日本がドイツの重要なパートナであるという者は59%に留まった。欧州債務危機に対抗するために、大多数の者が中国を資金力が豊かな投資家だと思っており、日本に対してこのように思っている者は、少数だった。

2 個人的感想


 最初に「如何にも中国」と書いたのが、中国は「国力」という概念を重視しており、世界の「大国」はどことどこで、軍事力、経済力、文化力などでいうと、どこがトップ5かとかそういう視点から国々を見るのが大好きです。

 そして、「如何にも『環球網』」といったのは、その中でも中国が日本に勝っていることを強調している点で、なおかつそれが如何にも客観的な感じで他国の調査を持ってきているところが如何にもいう感じでした。

 これまで何度か書いておりますが、中国は「中華思想」というイメージがありますが、結構世界から自分たちがどのように見られているかを気にしております(中国人海外旅行客の買い物の評判胡錦涛の訪米を歓迎するアメリカ?)。そのためこういう形で、ドイツから評価されたとなると、うまい具合に自尊心をくすぐられるのではないでしょうか。

 正直、『環球網』の記事なので、どこまで元記事に正確かはわかりません(園田政務官のパフォーマンスについての海外報道中国人に対する、日本人の好感度が下がった原因等)。しかし、まさか数字までは改変しないだろうと信じた上で話を進めますが、確かに中国の経済力は「飛ぶ鳥を落とす勢い」ですし、市場規模から見れば日本より大いので、ドイツ人が不況に苦しむ日本より中国を重視したとしても別に不思議はありません。

 ただ、思うに62%と59%なので、中国が日本に勝ったと見るのではなく、中国と日本がアジアの2大強国で、アジアを牽引していると考える方が私はドイツ人のイメージにより正確なのではないかと考えます。

 個人的に興味深かったのは、高等教育を受けている方が脅威論に組みする者が少ないという結果で、教育の成果により、感情を理性で抑える者が増えたということでしょうか。

 これを見て思ったのが中国でもそうした傾向があることで、教育レベルの低い方は総じて、政府のプロパガンダ(反日等)を容易に信じる傾向があると思います。願わくば中国の全国的な教育レベルの向上により、安易な脅威論(排斥論)を信じる者を減らしてもらえればと思った次第です。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  6. 6

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。