記事

“テレビで社会は変わらない”自由な表現の場を作る挑戦

1/2

 TBS「報道特集」の元ディレクター佐治洋さんは、今年3月、13年働き続けたテレビの現場を離れ、テレビの報道番組のディレクターやドキュメンタリー監督らと4年前に立ち上げた映像プロジェクト「Choose Life Project」の活動を本格化させることにしました。

 メディアに属しながら、伝えるべきと思うことを伝えられないというジレンマを抱える有志のメンバーとともに、自由に映像表現を行う場。活動継続のために募ったクラウドファンディングでは4000人以上の人から3000万円以上の支援が集まるなど、これまでの報道のあり方に一石を投じる動きを牽引しています。

 突き動かすものは何なのか。今のテレビ報道に何を感じるのか。

 笑下村塾のたかまつななが、お話を伺いました。

“僕がテレビをやめた理由”

--佐治さんは元々TBSの制作会社で社会部の記者や「報道特集」のディレクターもされていたんですよね。私も以前取材していただきました。

佐治:たかまつさんがちょうど2019年の参院選の際に「選挙に行くな」という動画を出された頃ですよね。

--なつかしいです。佐治さんは、今年の3月にTBSの制作会社を辞められたと。TBSは自由な報道がすでにできる環境だと思っていたのですが、どうして辞められたんですか?

佐治:TBSの社風自体は僕も嫌いじゃなかったです。筑紫哲也さんが残されたことを継承していて、報道特集も素晴らしい番組です。ただ視聴率を取りに行こうという場ではもちろんなくて、ジャーナリズムとしての役割を旬なタイミングで果たせる番組でした。
ただ僕自身が感じてたのは、やっぱり放送が“一週間に1回”なんですよ。
そこでどれだけいい番組を出しても世の中は良くならない。そう考えたときに、デイリーのニュース番組で何を伝えていくかのほうが大事なんじゃないかと考えるようになりました。世の中に何かを伝えるときに一週間に1回いいものを出していっても追いつかないですから。

--めちゃくちゃ分かりますね。

佐治:テレビが全く嫌になって辞めたってわけではないです。むしろテレビの可能性は今も信じています。だからこそ1回外に出て、ネットの世界というか、「メディアを繋ぐメディア」として動いていけたらいいなと思っています。

「“報道の意味って何・・” 
安保法成立で突きつけられたもの」

--テレビの中で限界を感じられたことがスタートなんですよね?

佐治:きっかけは2015年9月19日、安保法が成立したときです。安倍政権が越えてはいけない一線を越えた。報道も国会前のデモも、ここまで盛り上がって、それを突破してくるってことは難しいんじゃないかと最初は思っていたんですけど、強硬的に、憲法を超え、法の解釈を変え、今までできなかったことをする。

そのとき僕らの報道の意味って何だろうと思いました。正面から民主主義とは何かなんて考えたことは今まで一度もなかったんですが、自分たちにできることとは何か考えるようになりました。そして、翌年の参院選が安保法通過後初の国政選挙になったわけですが、まずはこの投票率をどうにか上げることができないかと、2016年7月に「Choose Life Project」の活動を始めました。

「是枝監督の動画でネットデビュー!!しかし、わずか“3いいね”の衝撃」

--報道現場のみなさんでなんとかしなきゃって立ち上がって、映像プロジェクトとしてYouTubeでどんどん配信していこうされていたんですよね。

佐治:本当にたかまつさんもテレビの中にいたから分かるかもしれないんですけど、いわゆるネットの世界っていうのは全くの素人で。

--全然違いますもんね、テレビと。

佐治:文化が全然違うんです。一番最初に公開したのは是枝監督の動画だったんですけど。

--すごいですよね。

佐治:ただその反応が・・。テレビとしてはこれだけの人をキャスティングしたらすぐ見てくれる。ところが、本当に最初、Twitterで「3いいね」みたいな。再生回数は100回いくかいかないか・・。でも誰かが動けばそれは成果だと前向きに捉えて、そこからずっと選挙のたびに著名人の方々に投票に行こうと呼びかけてもらう動画を公開していきました。

テレビのニュース番組で限界を感じるディレクターらと共に

--今どういう体制でやられているんですか?

佐治: 20代、30代、40代ぐらいで4、5人がコアなメンバーで動いています。テーマごとに、沖縄問題、検察庁法などを専門的に知ってる記者の方やディレクターの方に連絡をしてアドバイスをもらいながらやっています。

--その4、5人はどうやって集まったんですか?やっぱりメディアの中で限界を感じているような内部の人が多いんですか?

佐治:基本的には内部の方とか、記者ですね。あとは本当にデザインとか映画系の人たちも集まっています。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  4. 4

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  5. 5

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  6. 6

    「大阪に比べ東京は…」医師指摘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  8. 8

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  9. 9

    新ドラえもん映画の引き延ばし感

    fujipon

  10. 10

    昭恵氏 夫ピンチもパーティーへ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。