記事
  • S-MAX
  • 2020年11月04日 11:25 (配信日時 11月04日 11:25)

楽天モバイル、初期契約時やMNPなどの各種手数料を0円にする「ZERO宣言」を発表!eKYCも導入し、eSIMと合わせて即時開通も提供



楽天モバイルがZERO宣言!手数料完全無料化

楽天モバイルは4日、オンラインにて発表会「楽天モバイル プレスカンファレンス」を開催し、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )においてこれまで費用がかかっていた契約事務手数料やモバイル番号乗り換え制度(MNP)転出手数料を無料(0円)にすると発表しています。

同社ではこれまでも300万人までは唯一提供している料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」が1年間月額基本料無料となるほか、5Gを利用しても追加料金なく、専用アプリ「Rakuten LINK」を利用すれば国内通話(一部除く)が無料となっており、さらに10月12日からはSIM交換手数料やSIM再発行手数料も無料としていました。

これらと合わせて新たに契約事務手数料やMNP転出手数料も無料とすることで、楽天モバイルを契約しても費用がかからない「ZERO宣言」を発表しています。さらに契約時の本人確認にも携帯電話契約では日本初とするeKYV(電子本人確認)も11月9日(月)に提供開始し、当初はAndroidのみですが、iPhoneでも11月30日(月)より提供するとのこと。

これにより、eSIMとeKYCを組み合わせることで「即日開通」を提供できるようになるということです。なお、楽天モバイルではeSIMに対応しているオリジナルスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini」や「Rakuten BIG」をすでに販売しているほか、12月上旬にはeSIM対応の「Rakuten Hand」も発売予定です。

またすでに販売されている「iPhone 12」や「iPhone 12 Pro」、「iPhone 11」、「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」、「iPhone XR」、「Pixel 5」、「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 4a」、「Pixel 4」、「Pixel 4 XL」なども楽天モバイルのeSIMに対応していることが案内されています。

さらに楽天回線対応製品の新しいスマホとして「AQUOS sense4 lite」(シャープ製)および「OPPO A73」(オウガ・ジャパン製)も発表されました。

最後にキャンペーンについても発表され、これまで実施してきた「Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン」がリニューアルされ、契約するだけで楽天ポイントが8,000ポイントプレゼントされるほか、対象の楽天回線対応製品をセットで購入すると最大20,000ポイント還元され、合計28,000ポイントがもらえるようになっています。

02


更新中

03


04


05


06


07


08


09


10


11


12


13


14






記事執筆:memn0ck


あわせて読みたい

「楽天モバイル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。